Yuinoukin

結納金 相場・金額・平均の疑問点もこれでスッキリ!

『結婚に結納金は必要…なのに結納金っていくらが妥当なの…?』
知っているようで知らなかった疑問ってありませんか?
気づかなかったけど大事な問題についてとりあげていきます。

ウェディングは、女性の永遠の憧れですね。
ここでは、憧れのウエディングをよりスムーズに行えるようお手伝い致します。

★ウェディングは、おめでたいものであると同時に伝統的な側面も持つセレモニーです。
人生の大切な時間をより良く過ごすために必要な知識も多いと思います。
ここでは、『大事なことだけど今まで知らなかった!』という疑問を考えていきたいと思います。

結納金とは?

結納金は結納品のひとつで、婚約の印として贈るものです。もともとは男性から女性に帯を、女性から男性に袴が贈られ、結楯式当日にそれを身に付けたといわれています。その代わりとして、現金を贈るようになったの が結納金の始まりです。

その名残から、今でも男性からの結納金を「帯料」「帯地料」または「小袖料」などと呼び、女性からの結納金(結納返し)を「袴料」と呼びます。

現在では婚約指輪などの記念品を結納金の代わりに贈る、また一部を記念品にあてることもあり、どちらも感謝の気持ちを込めて贈るものです。

結納金 相場・金額・平均はどれくらい?

金額は無理のない程度で、きりのよい額を贈ります。

男性(婿養子の揚合は女性)から贈る結納金の額は月収の2~3倍とか、ボーナス1回分が相場といわれていますが、これはあくまでも目安です。結納金の相場もあくまで目安としてください。

関東と関西でも差がありますし、出会いのきっかけや結婚に対するふたりの考え方によっても違うようです。金額の多さが愛情の深さを表わすものではありませんし、新生活では何かと物入りにもなるので、無理のない程度で、結納本来の意味をよく考えて決めるとよいでしょう。

一般に100万、70万、50万など、端数のないきりのよい金額で、奇数を好む傾向もあります。また、小切手や銀行振込にはせず、 結納金は現金で贈ります。

結納金の中でどの程度を指輪などの記念品にあてるかは、双方で話し合います。しかし、贈られる側から結納金の金額を提示するのは厳禁です。

地域によって結納金はちがうの?

長い歴史の中で、人々がとり行なうことで伝えられてきた儀式だけに、結納には地域によって、さまざまな形式やしきたり、特徴があります。

特に関東と関西では、結納品の内容や飾り方、交換方法、納め方など、やり方そのものもがかなり違っています。その代表的な形や特徴から関東式、関西式に分けられます。関東式と関西式も地域によって特徴がある、また混在している地域もあります。地域によっては独特の習慣をもつこともあり、同じ県内で形式の違う場合もあるものです。

したがって、一つの実例や聞きかじりの知識などから結納の正しい、正しくないを判断することは意味がありません。その土地に暮らす人には、その地域のしきたりこそが常識なのです。
結納やしきたりは相手に対する礼儀ですから、地域差があるということを常に頭に入れておくことが大切です。

費用は?

結納式にかかる主な費用は、会場によって違います。ホテルやレストランで行なうときは、室料、花代、飲食代、サービス料、税金などの合計額になります。仲人を立てる場合は、仲人の飲食代や車代も含まれます。両家で折半するか、人数割りが一般的です。地方には女性側が全額負担の習慣もあります。支払い時にもめないよう、前もって確認しておきましょう。仲居さんなどへの心づけなども決まりではありませんが、渡す場合はあらかじめ両家で打ち合わせをしておくとよいでしょう。ホテルなどではサービス料があるので心づけを省く場合も多いようです。

両家を往復する場合、祝い膳を出さない側 は酒肴料を仲人に包みます。女性宅に集まって行なう場合は、人数分の費用を見積り、酒肴料として女性側に渡します。この場合も、 地域によってはいらない場合もあるので、よく確認してください

結納はどう行えばいいの?

結婚のスタイルが多様化する今日では、個人の考え方も大きく違います。地域差に個人差が加わるわけですから、カップルごとにオリジナルの結納があるといってもよいでしょう。

そこでプランを立て方ですが、専門家に相談をすることが一番です。結納品の専門店やデパートのブライダル サロン、専門式場などには結納にも経験豊富な専門家がいますので、それぞれの事情を説明し、結納について相談にのってもらいましょう。その際、出身地や家族の意見、親戚の傾向などを、客観的に伝えることが大切です。「うちの親はうるさくない」など憶測での発言、決定は避け、その意思を前もってきちんと確認しておきましょう。

また、いきなり両家で話し合っても、うまくいかないものです。結婚が決まったら、結納品店やブライダルサロンを訪ねて、結婚式、結納についての専門家 に相談して、自分たちに合ったプランの立て方や、話し合いのポイントなどのアドバイスを受けるとよいでしょう。結婚式、結納について経験豊富な第三者の話もよく聞いて、祝福される結納、結納金のプランを立てましょう。