Yuinoukaeshi

 結納金 結納返しの基本事項について

「結納金 結納返し」って、聞いたことはあるけど実際はどうすればいいの?
そんな時もこれを読めば大丈夫!
「結納金 結納返し」のイロイロがわかっちゃいます。

★「結納金 結納返し」は地域によっても違うもので、どうすればいいのか悩みの種になりがちです。
ここでは「結納返し 結納金」の基本的なことから、あなたに合う「結納金 結納返し」の形式までをご紹介します

『結納金』とは??

結納金は結納品の一つであり、『小袖料』『帯料』とも言います。

婚約の印として送るものあり、以前は、男性から女性に小袖背や帯が贈られていましたが、その代わりに現金を贈るようになったのが結納金の始まりです。

『結納金』はどれくらいにすればいいの??

結納金は月収の2~3倍程度といわれますが、あくまでも目安に過ぎません。

100万、70万、50万といった端数なしのきりがよいものや奇数が好まれます。また、金額が決められているわけではありません。

新生活の準備や当人たちの状況、経済力も考慮した上で、無理のない金額がよいでしょう。

『結納金』は必ず贈るもの??

最近では、結納金の代わりとして婚約指輪や記念品を贈ったり、結納返しをなくして結納金を少なくすることもあります。

その際は『袴料』のとなりに『時計付』などと書き入れておくようにします。

『結納返し』とは??

男性から贈られた結納に対して、感謝の意を添えてお返しする品のことです。

いただいた結納金のお返しとして『袴料』を贈ります。

『結納返し』はどうすればいいの??

長い歴史を経て培われた儀式であるので、その形式やしきたりは地域によって様々です。おおまかには関東式、関西式とに分けられます。しかし、同じ関東式、関西式でも地域差があったり、混在している場合もあります。
その地域に沿った形式で執り行うことが大切です。

 『結納返し』には何がいいの??

結納返しの金額は『半返し』が一般的とされていますが、負担が大きいため一割程度にされる方も多くいらしゃいます。

地域によっていろいろな基準、しきたりがあるのでその地域の習慣に合わせるようにしましょう。

 『結納金』の表書きはどうすればいいの??

地域により呼びかたは様々ですが、東日本地方では『御帯料』、西日本・中部地方では『小袖料』とすることが多いです。

その他には、『帯地料』『結納金』などがあります。