whappy

お急ぎ婚&おめでた婚の式場探し

ご婚約おめでとうございます!
結婚が決まって嬉しい反面、転勤や、嬉しい妊娠の発覚などで、式を挙げるはずがどうして良いかわからない!という方もいらっしゃるはず。人生で素晴らしいイベント結婚式を諦めるなんてもったいない!すぐにでも式が挙げられる方法を伝授いたします♪

急な用事で今すぐに式を挙げたいという場合

そもそも、結婚式の準備として実際に忙しくなるのは3~4か月だということをご存じですか?一般的には半年くらい前からという方も多いですが、それは会場をたくさん吟味して、ウェディングドレスを吟味して、というゆったりとした準備をするならの話。 実際に忙しくなるのは3~4か月ごろからなのです。
最低限やらなくてはいけない事は、会場探し、衣装決め、ゲストのリストアップ、引出物や演出決め。 余裕があれば、結婚式で使用するアイテムや招待状などの印刷物、二次会会場探しなどもありますが、これは結婚式場でも決められるんです。 出来るだけこだわりの式を、でも出来るだけ早く!というおふたりにもお勧めの式場がこちら。

会場名

ハイアット リージェンシー

東京

住所東京都新宿区西新宿2-7-2

おすすめプラン

【トリプルハッピーウェディング】ご懐妊4か月から7か月の期間にご披露宴をお考えのおふたりに。マタニティウェディングドレスと、お色直し用マタニティカラードレス1着レンタル無料の特典付き。フリープランなのでご要望に合わせてアイテムを削ったりオプションを追加したりも出来る自由のきくプランです。

 

 

嬉しいダブルハッピー婚の場合

赤ちゃんを授かってから、結婚しよう!という方は今現代そう少なくは有りません。 籍を入れて、のんびり結婚式の準備をしようと思っていたらすぐ赤ちゃんを授かった事が発覚!なんていうお二人もいるかもしれませんね。 どんな場合にしても、結婚と妊娠というダブルの幸せはとても嬉しいものです。けれど同時に不安になる事はたくさんあるもかもしれません。そんなお二人にも安心して行える挙式方法、妊婦さんでも可能な結婚式の方法をご紹介いたします。

挙式をするなら産前?産後?

多くの妊婦さんが迷うのが、産前に挙げるべきか、産後に挙げるべきかということ。 どちらの場合もメリットデメリットが有ります。
産前なら…

メリットは時期と体調さえ良ければ、花嫁さまがゆったりした気持ちで式を挙げられるということ。

デメリットは、少しだけ準備を急がねばならないということ。
産後なら…

メリットは、準備に少し余裕が出来るということ、そしてゲストの方に赤ちゃんのお披露目も出来るということ。

デメリットは、新生児が一緒ということを踏まえなければいけないということ。また新米ママの体調や精神に更に負荷がかかってしまうということ。
どちらをとるか、おふたりやご両親と相談をしながら、しっかりと考える必要があるでしょう。

産前に式を挙げるのなら!

生まれてくる前に式を挙げるのであれば、なるべく早く動きましょう。
妊婦さんが花嫁になる時一番に考えなくてはいけない事、それは日取り。 体調が絶対条件ですので、つわりが治まり、身体的にも精神的にも安定期に入る妊娠5~6か月目頃がマタニティウェディングを挙げる最適な時期と言われています。妊娠に気付くのは早くとも2、3ヵ月目。お二人に残されている準備期間は2,3ヵ月。他のカップルに比べたら時間が無い!と思われるかもしれませんが、焦る必要はありません。 ですが、準備期間中につわりが続く事も考えられます。それでも安心な理由、それはおめでた婚のために会場全体でフルサポートしてくれる式場が増えているから。 最短4週間でも叶えてくれる専用のプランや、マタニティ専用のドレスを用意してくれるドレス店がございます。 特に打合せでは、プランナーが自宅近くまで足を運んでくれたり、回数をできるだけ減らしてメールでのやり取りで進めてくれたり、新婦の体調を一番に考えたスケジューリングが可能な場合がほとんど。 どうしてもこの会場で挙げたいけれど、マタニティでもOKかわからない…。そんな方も是非式場に聞いてみる事をお薦めします。

当日は、いつ具合が悪くなっても良いようにある程度の準備はしていきましょう。 母子手帳をきちんと持ってくること、食べ物や飲み物など、つわりで口を通らない事も考えて話をしておきましょう。 また、クッションや、体を安定させるマタニティ用ブライダルインナーのご用意も!

式中は介添え人の方が付いてくれますが、気分が悪くなったときすぐ対応してもらえるよう、合図を決めておくのも良いですね。 また、会場内を禁煙にしてもらう事は忘れずに。特にレストランウェディングの場合は気を付けて!

演出にもこだわってみましょう。 もちろん花嫁さまに負担がかかるようなものは却下。移動が多かったり立ったままでいるようなものは出来るだけ避けて。 赤ちゃんがいるからできる演出はゲストへのサプライズも間違いなし! お二人のプロフィールビデオの中に、赤ちゃんのエコー写真を入れてみたりしてはいかが? 赤ちゃんの性別を当ててもらう演出も良いかもしれませんね。 準備期間に少し余裕がないかも…あわただしくなってしまうかもという方も是非検討してみましょう。 赤ちゃんが生まれた後も忙しくなってしまうのですから。 せっかくの結婚式、諦めずに我儘をいっぱい叶えてしまいましょう♪

産後に式を挙げるのなら!

産後に挙げるのなら、少し時間的余裕が生まれます。 けれど、生まれてからの忙しさにかまけてずるずると式が出来ずに…なんて事にならないよう、計画的に進めましょう。 安定期に入ってから会場を探して動くのも良いですね。

お子さまと一緒の結婚式も少なくは有りません。 二人だけの式ではできない事もたくさん! ただ、お子様がまだ小さい時に式をするということであれば、ベビーベッドの用意や授乳の準備が必要です。 新婦さまが式の間ほとんど離席していたという式にならないよう準備が大事。 演出はたくさん考えられます。 女の子でしたら、同じ色のカラードレスを着るのも良いですね。

どんな場合でも、最高の一日を演出できるよう、諦めずに式の準備をしましょう♪