WeddingDressSale

ウェディングドレスは、レンタルがいいのでしょうか?それとも販売がいいのでしょうか?
ここでは販売についての色々を取り上げてみました。
『これ知ってる!』ということから『こんなものもあったんだぁ!』まで色々取り上げてみました。
それぞれを参考にして、あなたにとってのベストなウエディングドレスで大切な時間をお過ごしください。

販売の種類 Sell Dress

ただ販売と言ってもその種類は多種多様です。
オーダーメード、セミオーダーメード、販売、海外輸入ドレス、
ユーズドドレスがあります。
あなたにとってのベストは何でしょうか。満足のいくドレスで至福の時間をお送りください。

ウェディングドレスの販売におけるメリットと言っても一言ではまとまりません。
そこで、それぞれのメリットに着目し、取り上げてみました。
納得のいくドレスで最高の時間を満喫してください。

オーダーメード・・・時間、手間、お金はかかるがドレスを作っていくプロセスが楽しめる。

セミオーダーメード・・・プラスαのアイディアを取り付けて、オリジナリティのあるドレスに。

販売・・・細かい部分を自分に合うように手直ししてもらえる。時間をかけずにお気に入りのドレスを購入したい人におすすめ。

海外輸入ドレス・・・各国ごとに雰囲気がさまざま。日本人むけサイズでないものもあるので、サイズ直しを考慮した上で余裕をもって購入を。

ユーズドドレス・・・一度着ただけのドレスをリーズナブルな価格で購入できる。シヨップでの情報収集もお忘れなく。

費用はどれくらいなの? Sell Dress

各種類により異なります。ここでは、一つずつ比べてみました。あなたにとってのベストはどれでしょうか?

オーダーメード…デザイナーや素材にこだわると天井知らずなお値段に。

セミオーダーメード…20万円台~50万円台が平均的な価格とされる。

販売…10万円を切るの低価格からのドレスもあり。

海外輸入ドレス…デザイン・素材により10万円台から。

ユーズドドレス…1~2万円のものも。全体的には10万円以下が多い。

素材、デザイン、ブランドにより、かなりの価格差があります。自分たちに見合った素敵なドレスを見つけましょう。

販売の注意は? Sell Dress

ウェディングドレスの購入するショップのシステムは様々です。ドレス本体のほかに、ベール、手袋、アクセサリー、下着など細かな小物が予算に含まれるのかは、ショップによって異なるので事前確認が必要です。

花婿の衣装とセットでレンタルするとお得なパックプランなど色々なケースがあります。
衣装にかける予算を明確にして、ショップのスタッフに相談することが大事です。

また、ドレスを販売しているショップでも、カクテルドレス(色ドレス)は扱いが無いという場合もありますので、その際は、別にレンタル出来るショップを探す必要が出てきます。

販売での心がけは? Sell Dress

新郎新婦の衣装のバランスがとれてなければ、ちぐはぐな印象を与えてしまうものです。
基本となる会場披露宴でのコーディネートを参考にしてドレス選びをするのもいいでしょう。

ホテル・専門式場
華やかな印象が大事。
新婦はボリューム、張りのある素材で広い会場に映えるように。
新郎は挙式と衣装は同じでもベストやタイに少し明るい色を入れると華やかに。

レストラン
カジュアルな雰囲気で流行を取り入れる
新婦は移動にも最適なスレンダー系のシンプルドレスがGOOD
新郎はドレスコードにモードを取り入れたり、準礼服のディレクターズスーツを着用するのも吉

お色直し
色のバランスがキーポイント
カラードレスは広い会場では原色系、狭い会場では淡色系が似合う。
新婦が原色なら新郎は深いグレー系や紺系、パステルカラーならグレー系のスーツがよい。