WeddingDressRental

レンタルor 販売? Wedding Dress

女の子にとって結婚式で一番注目したいウェディングドレス。レンタルか販売かどちらの方がいいのでしょうか?誰もが悩むところです。結婚式が終わった後も自分の物として保存しておけるようにぜひウェディングドレスを購入したいという人も、レンタルでいいから記念に残るようにドレスにも納得いくまで気を遣いたい、という人もいるでしょう。

多くの人で着回すことをあらかじめ考慮に入れて作られているレンタル用のウェディングドレスは、思ったよりも頑丈なつくりになっているものがほとんどです。一方、ウェディングドレスを購入する場合、そこまで丈夫に作る必要がないため意外と低価格で製作することも可能なのです。一般的には販売の方がレンタルよりも5万円ほど高くなる場合がほとんどですがこのように最近ではレンタルと購入の価格の差が縮まってきたので、それぞれの長所と短所を比較し、結婚式全ての予算なども考慮に入れながら二人に合ったドレスの入手方法を取り入れていくことが大切です。

ここではレンタルドレスの紹介をしていきたいと思います。

レンタルの特徴 Wedding Dress

今でもレンタルドレスの人気が高い理由は、サイズや種類、デザインが豊富なため結婚式の予算に合わせて選びやすい点にあります。レンタルドレスの場合、何人もの人で着回せるように高級な素材でしっかりと縫製されている点も人気の理由の一つです。またウェディングドレスのシルエットにはプリンセスライン、Aライン、スレンダーライン、マーメイドラインなど様々な種類があります。その中でも人気のドレスには予約が集中するので早めに確保しておくようにしましょう。

ではウェディングドレスをレンタルしたい時、どこでどのようにレンタルすればよいのでしょうか?

一般的なのはホテルや結婚式場でレンタルするパターンです。他で衣装を借りて結婚式場に持ち込む場合、ドレスの持ち込み料や当日までの保管場所の確保、結婚式終了後の返却など様々な負担がかかってきます。たいていの場合、持ち込み料は「一時保管料」ということで1着あたり2~3万円程度かかります。しかし結婚式場でレンタルドレスまで手配してもらえばそれらのわずらわしさが一切なくなります。ウェディングドレスの種類はレンタルショップで借りる場合に比べるとどうしても限られてきてしまいますが、レンタル料はたいていの場合プラン料金内に含まれているので、低価格でのレンタルが可能です。

他にオーダーレンタルブティック方式があります。この方式の最大の特徴は、結婚式終了後ウェディングドレスをレンタルドレスとしてショップで貸しだされる点にあります。やはり自分でデザインしてウェディングドレスを作るオーダーメイドには憧れます。でもその後の保管がどうしても大変…という方におすすめです。価格も通常のオーダーメイドのドレスに比べて半額以下の場合が多く、最近特に人気が出てきた方式です。

また、全てをオーダーメイドにしなくてもウェディングドレスのサイズだけを直せるタイプのレンタル方式があります。これはサイズオーダーレンタルと呼ばれます。以前はレンタル式でウェディングドレスを用意するとサイズ直しができない、なんてこともありましたが現在はレンタルでもサイズ直しが可能になってきているのです。レンタルですとどうしても身体にぴったりで、デザインも納得いくようなウェディングドレスは探しにくくなりますがこのサイズオーダーレンタルならお気に入りのドレスをあなたにぴったりのサイズに直すことができるのです。

思い出になる結婚式にするために納得のいくドレス選びをしたいものです。ドレスの試着・決定から着用後の工程までよく相談して決めていって下さいね。

レンタルのショップ Wedding Dress

ウェディングドレスよりも先に決めなくてはいけないのがどのレンタルショップを利用するかです。

現在は様々なドレスショップがあり、それぞれに特徴があるため、いざどこのショップを利用したらいいのかつい迷ってしまいます。レンタルでウェディングドレスを注文したいのに販売がメインのショップへ行ってしまってはいけません。まず一体どんなショップなのか、どんなウェディングドレスを扱っているのか、どのようなサービスがあるのか事前に調べてからショップを訪ねてみましょう。

また気に入ったデザインのウェディングドレスが見つかってもすぐに予約をせず、レンタルから返却までの規約をしっかり読んでから予約しましょう。ウェディングドレスは次々と新作が出ますので急にドレスを変えたくなった場合、そのキャンセル料がどうなっているかなどよく知っておくことが必要です。細かい規約には特に注意してチェックするようにすると何があっても落ち着いて対処できるようになると思います。

レンタルの日程 Wedding Dress

では実際結婚式のどれくらい前からレンタルドレスを決めていけば良いのでしょうか。簡単なドレス選びのスケジュールを紹介します。

6ヶ月前
いよいよこれからどんなウェディングドレスにしていくか決めていきます。まず自分が結婚式でどんなドレスを着たいかだいたいのイメージをつかんでおきましょう。どんなウェディングドレスがあるか分からない、という方は雑誌を利用するといいですよ。ドレスショップには様々なタイプのウェディングドレスが用意されているのであらかじめ考えておかないといろいろと目移りしてしまいます。またウェディングドレスにもやはり流行というものがありますからホテルやブライダルフェアで発表される新作ドレスなどをこまめにチェックしておくと参考になると思います。

またレンタルの場合、いつでも借りられるというわけではありませんから気に入ったドレスがあれば、早めに予約しておきましょう。その際日程や料金など細かいところもしっかりチェックしておきましょう。レンタルショップはそれぞれ個性があるので1店で決めてしまうのではなく、何店か回ってみてもよいですね。

3ヶ月前
この時期になったらウェディングドレスを決定していきましょう。自分で納得のいくウェディングドレスを選んだら、同時にそのウェディングドレスに合わせて小物もだいたい決定しておきましょう。ウェディングドレスを決定する際には必ず試着をし、サイズのチェックをしてください。せっかくの結婚式の衣装となるのですから妥協はせず、納得がいくまで試着をするようにしてくださいね。小物とのバランスも確認しておくと良いです。

1ヶ月前
ここでウェディングドレスの最終決定をしていきます。この際の試着には必ず補整下着を持参するようにしてください。ほとんど結婚式当日の装いになるように試着をし、サイズ直しの最終確認、そして縫い目などの細かい所まで確認しましょう。またウェディングドレスと同様、小物類もこの結婚式1ヶ月前辺りで最終決定になります。最後にウェディングドレスと小物類とのバランスなどを確認し、結婚式当日に備えましょう。

2週間前~前日
いよいよ結婚式も近づいてきました。ここでは仕上がったウェディングドレスの受け渡しの確認をしましょう。またウェディングドレスが到着しても慌てずに済むようにドレスの保管場所もしっかり準備しておきましょう。ウェディングドレスが届いたら、まず汚れや縫い目のほつれがないかよくチェック。そして結婚式当日まで汚れないように細心の注意を払いましょう。

当日~結婚式後
ウェディングドレスのレンタル期間はたいていの場合が2泊3日です。遅れると延滞料がかかります。あくまで一般的な場合のことですから、事前によく確認しておきましょう。また返却方法もショップによって様々ですから確認しておいた方がいいですね。