Sinzensiki

神前式

まずは神前式の流れを1通り紹介します。

入場→修祓の儀→祝詞奏上→指輪交換→誓詞奏上→三献の儀→玉串奉奠→親族杯の儀→斎主挨拶→退場

なにやら言葉だけではとても難しそう・・・それでは1つ1つの儀式について簡単に説明してみましょう。

入場:参進ともいいます。ここでは新郎・新婦と両家の家族が神職や雅楽の音楽に合わせて本殿のなかへと歩いていき、いよいよ神前式が始まります。神社がもつ厳かな雰囲気とこれから結婚式が始まるという心地良い緊張感がうまく調和されて何ともいえぬ気持ちになれるでしょう。また神社には一般の参詣者から祝福の拍手を受けることも。

修祓の儀:神前式の最初に行われる儀式。この場では皆の身を清めるためにまず神職が新郎・新婦、そして参列者をお祓いします。

祝詞奏上:祝詞とはもともと神の言葉を指し、たいていの場合文末は「申す」でしめられます。ここで始めて2人の結婚を神々に報告し、それと同時にこれからの2人の長い幸せや両家の益々の発展も祈ります。

指輪交換:結婚式といえばやはり外せないのが指輪交換。元来、神前式での指輪交換は行われていませんでしたが近年欧米諸国の挙式様式を取り入れ指輪交換も行う神前式が増えてきています。

誓詞奏上:ここでは神職ではなく新郎が神前で生涯の契りを誓うことばを読み上げます。隣で誓詞を読み上げる新郎の一言一言に新婦は思わず聞き入ってしまうでしょう。
この時神社側が用意した言葉を読み上げる場合がほとんどですが最近では2人で言葉を考えさせてくれる神社も増えてきています。しかし注意しなくてはいけないことが1つ。それは言葉遣いです。通常、神社で用意してある言葉は文語体となっており普段私達が使っている言葉よりも古い言葉が使われています。ですから2人で言葉を考える時もできるだけ現代風の言葉遣いは避けた方がよいでしょう。

三献の儀:新郎・新婦が交互にお神酒を飲み交わす儀式のことです。ここで用いられるのが三つ組みも朱塗りの盃。飲むときに口を3回つけ、そしてそれが3杯になることが三三九度の由来となっています。

玉串奉奠:玉串に自分の思いを乗せ、神々に捧げるという意味を持つ儀式です。参列者全員が行うわけではなく、新郎・新婦と両家の代表者が行います。いろんなきまりがあって難しそう・・・とつい不安になりがちですが大丈夫。式の前に必ず作法は教えてもらえます。

親族杯の儀:三献の儀では新郎・新婦が互いにお神酒を飲み交わしましたがここでは両家が親族の契りを結ぶ為に互いにお神酒を飲み交わします。

斎主挨拶:斎主が結婚の儀が無事終了したことを新郎・新婦、参列者に報告します。長いようで短かった式もいよいよ終わりです。

退場:新郎・新婦が本殿を後にします。神前式という、幻想的な結婚式の余韻に浸りながら神社の中を再びゆっくりと歩いていきます。