Ryoriitalia

1.イタリアン・イタリア料理

イタリアンブームが定着し、パスタ・リゾット・カルパッチョ等なじみ深いメニューも多いイタリア料理をウェディングのお料理として選ぶ人が若い世代を中心に増えています。フランス料理より気取らずにかつ陽気で

華やかなイメージを演出できるのが人気の理由でしょうか。肩肘張ることなくカジュアルな雰囲気で堪能できるイタリア料理は、アットホームな結婚式にぴったりです。そんなカジュアルなイタリア料理もウェディングではコースで食べるという贅沢も味わえるので一石二鳥です。

2.メニュー構成

一般的にフルコースのイタリア料理は、(1)食前酒のカクテル、スプマンテ(2)前菜(アンティ・パスト)(3)パスタやリゾットやスープ類(プリモ・ピアット)(4)肉や魚のメイン(セコンド・ピアット)(5)サラダや野菜等の付け合わせ(コントルノ)(6)チーズ(フォルマッジォ)・デザート(ドルチェ)・コーヒー(カフェ)・食後酒の

グラッパやリモンチェッロの順番です。これにワイン、ミネラルウォーター等の飲み物が入るわけで、ボリューム満点です。本場イタリアの婚礼料理になると、前菜5種、プリモ・ピアット3種、セコンド・ピアット3種ぐらいが運ばれてきますので、最後までたどりつける人は、イタリア人でさえいないそうです。もちろん日本の結婚式では量やスタイルがアレンジされていますが、年配の方には食べにくい場合もあるでしょう。

3.新しいスタイル

最近では「和風イタリアン」「イタリアン懐石」と呼ばれるようなイタリア料理に隠し味で醤油を使ったり、和食器に盛るなどイタリア料理に和のテイストを加えた料理が登場しています。このような新しいスタイルの

料理は年配客にも食べやすく、ますますイタリア料理が手軽にウェディングの料理として選ばれるように

なっています。他の料理と同じようにイタリア料理もコースで出されるのが一般的ですが、

カジュアルな結婚式の場合はコース料理でなくビュッフェスタイルも良いでしょう