Ryorifrench

1.婚礼料理として人気のフレンチ・フランス料理

ウェディングの料理でもっとも人気があるのは洋食、次いで和洋折衷、和食、中華です。ホテルやレストラン、料亭で結婚式を挙げるカップルには洋食、その中でも特にフランス料理の人気は高くなっています。

婚礼料理の定番と言えるフランス料理ですが、豪華な雰囲気と相性が良いことから特にホテルでは力を入れているところが多いようです

2.フレンチ・フランス料理の構成

次にフレンチ・フランス料理の構成の基本的な構成を見ていきましょう。料理は次の順番で一皿ずつサービスされます。(1)アミューズ(2)オードブル(3)スープ(4)魚料理(5)お口直し(6)肉料理(7)デザート、サラダ、パン、コーヒー等

3.婚礼料理としてのフレンチ・フランス料理の注意点

ウェディングで人気のフランス料理ですが、フレンチのフルコースというのは、年配者にとっては高カロリー・高脂肪で好まれないこともあります。親戚や上司などが多く年齢層が全体的に高い場合や、

カロリーを気にする若い女性が多い場合などは、他の料理との折衷を検討してみるのも

良いかもしれません。それからフランス料理の場合でも、ナイフ・フォークに慣れていない人のために、

お箸を用意しておく気遣いも大切です。

4.フランスの婚礼料理「クロカンブッシュケーキ」

クロカンブッシュケーキをご存知ですか。フランスお祝に欠かせないシュークリームのケーキで、1つ1つのシュークリームにたっぷりと飴を付けて、それを積み上げ円すいのピラミッドにしたものです。
ケーキの頂上には夫婦の像やドラジェや飴細工のバラが飾られますが、シューが祝福してくれる人々を
あらわすとも言われるためできる限り高くする傾向にあります。シューはキャベツを表し、子孫繁栄の願いと豊かな収穫を願う意味が込められており、結婚式にふさわしいケーキです。クロカンブッシュは、
シュークリームを新郎新婦が手にとってお互いに食べさせ合う演出、ファーストイートでも有名です。披露宴でケーキカットのあと、そのケーキをゲストに振舞うケーキサーブという演出がありますが、そこでフランスの結婚式では欠かせないこのクロカンブッシュをあえて用いてみてはどうでしょうか。ありきたりのケーキとは
違い、個性的で可愛い雰囲気をもったケーキなのでゲストには喜ばれますし、ウェディングにちょっとオシャレな雰囲気を添えられます。しかし飴を使うため夏場は温度管理が難しかったり、上手く切り分けるのが難しいという短所もあるので、ケーキカットのケーキとは別に用意されたものがサービスされる事が多いようです