Ring_Ring

           

婚約指輪 結婚指輪 重ねづけ

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけすると、より華やかな印象を与えることができます。最近では重ねづけしてもおかしくないデザインの婚約指輪や結婚指輪がたくさん出ています。普段はシンプルな結婚指輪だけで、外出する時は婚約指輪も重ねて美しく…。せっかくもらった美しい婚約指輪なのですから、結婚した後も着けたいものです。結婚指輪に重ねて大切に使ってみてはいかがでしょうか?

兼用

最近では婚約指輪と結婚指輪を兼用するカップルが増えてきています。せっかくもらった婚約指輪をウェディングまでしか着けられないなんてもったいないですよね。結婚指輪にダイヤモンドを入れて毎日着けるなんて素敵ですね。毎日着ける場合、ダイヤモンドがあまりにも大きすぎると家事をする時にいろんな所へひっかかってしまいます。婚約指輪と結婚指輪を兼用させるのでしたら、石の大きさやデザインに注意してお二人が一番いいと思うものを選びましょう。
 婚約指輪と結婚指輪を兼用させる時、いつから指輪を着けるのか悩むカップルも多いです。婚約中なのに結婚指輪をするのも何だかしっくりこない、という女性もいるでしょう。しかし兼用タイプの場合、その指輪が婚約指輪の役割も果たしているのです。婚約中に着けても何の問題もありません。もちろん結婚後も大切に着けることができます。お二人で相談して素敵な指輪を作ってくださいね。

違い

婚約指輪と結婚指輪、似ているようで全く違います。最近では兼用タイプの指輪を着けるカップルも多いですが、二つの違いは何なのかここで確認してみましょう。
一般的に婚約指輪とは結婚記念品にあたり、男性から女性へ贈られます。結納時に交換し、婚約から結婚式までの期間女性の指に着けられるものです。結納や両家顔合わせまでに用意した方が良いでしょう。最もポピュラーなのがダイヤモンドの婚約指輪ですが、必ずダイヤモンドでなくてはならないわけではありません。誕生石や他の石でも全く構いません。ダイヤモンドが好まれる理由はいくつかありますが、ダイヤモンドが硬いことが固い絆で結ばれることにつながると考えられています。
一方結婚指輪は結婚後、男性・女性どちらも着用する指輪です。男性から女性へ、女性から男性へとお互い指輪を交換することに意味があります。ジュエリーショップではペアリングとして売られていることが多いですが、必ずしもペアでなくても構いません。二人の結婚指輪のデザインが全く異なるものでも問題ないのです。日常生活でも離さずに着けている人が多く、愛用しやすいようにシンプルなデザインのものを選ぶカップルが多いです。
近年では婚約指輪と結婚指輪を兼用する人や、二つのリングを重ねづけする人が増えてきているようです。それぞれの持つ意味をしっかり理解したうえで、自分たちだけの指輪選びをしてみてください 。

セットリング

婚約指輪もファッション感覚で普段使いできると人気急上昇中のセットリング。一言にセットリングと言ってもそのタイプはたくさんあります。あらかじめセットリングとして婚約指輪と結婚指輪を販売しているショップや、セットリングとしても使えるようなデザインの指輪をたくさん用意しているショップがあるので、ぜひ参考にしてみてください。
セットリングのデザインとして最もポピュラーなのが結婚指輪と婚約指輪を重ねづけするタイプです。このタイプの場合、指輪のアームが曲線を描いているデザインのものが多く、重ねてもまるで一つの指輪を着けているような、すっきりとした印象を与えることができます。
次に多いのが二つの指輪を重ねることでハートができあがったり、文字が浮かび上がってくるデザインのものです。重ねた時に初めて見える特別なデザインが大変好評です。
他にも多くのセットリングのデザインがあります。自分たちでデザインしても素敵ですね 。