ring_m_tanzo

                

鍛造 鋳造

店頭でよく見る指輪のほとんどが鋳造によるものです。指輪の製造法には大きく分けて鋳造法と鍛造法の2種類があります。鋳造品は鍛造品に比べて大量生産が可能で、コストも大幅に抑えることができます。そのため店舗販売のように一度にたくさんのお客様に婚約指輪をすすめる場合に適しています。しかしその反面指輪の内部に気泡の跡が入りやすく、変形しやすいという点が気になります。一生の記念にのこる婚約指輪、たとえ修復可能であるとしても変形したり壊れたりしたら大変悲しいことですね。また世の中にはあなたと全く同じ形の指輪を身につけている人が何人もいることになります。指輪はぱっと見ただけでは区別がつきませんが、「自分だけのもの」というオリジナリティに欠けるのも鋳造品の欠点の一つです。一方鍛造品は一品一品手作りによるもので、文字通り「世界に一つだけ」の婚約指輪を作ることができます。また非常に丈夫なので変形や壊れる心配もいりません。長く安心して身につけることができます。また鋳造品との違いを一番感じるのは手にしたときです。鋳造のものとは違う、鍛造品ならではのずっしりとした重みをきっと感じられるでしょう。手作りのため鋳造品よりもやや価格が高くなり、完成までに時間がかかってしまいますが、せっかくのウェディングです。思い出に残る結婚指輪に鍛造のものを検討してみてはどうでしょうか。

鍛造 こだわり

鋳造による指輪の場合、大量生産となってしまうため人の手がほとんどかからないまま完成となってしまいます。しかし鍛造品は人の手がかかり、職人さんのこだわりが現れます。熟練の職人が1つ1つ丁寧に仕上げた指輪には職人さんの心がしっかりと詰まった温かい指輪です。職人さんにもウェディングを祝福してもらっているような気持ちになりますね。