ring_m_ringfinger

                

薬指 由来

結婚指輪と言えば左手の薬指につけるのが当たり前のようになっています。では一体いつから結婚指輪を薬指になったのでしょうか。
結婚指輪を左手の薬指につけるようになったのは、古代ギリシャの時代から始まっているとされています。古代ギリシャでは、左手薬指の血管と心臓はつながっていると考えられていました。そのためこの薬指に永遠の意味を持つ結婚指輪を付けることで同時に永遠の愛を象徴することとなったのです。
日本ではこの結婚指輪を身につけるという習慣は昭和の中ごろから少しずつ定着していきました。
結婚指輪を左手の薬指につける由来に関しては諸説あります。左手の薬指が何をするのにも邪魔にならなくて一番実用的・・・なんて理由もあるのです。こんな由来は少しさみしい気がしますが、結婚した後家事をこなしていかなくてはならない女性にとってこんな本音もあったかもしれませんね。しかしなんといっても結婚指輪はウェディングの証です。女性なら誰もが憧れる存在ですね。左手の薬指につけることで永遠の愛を象徴する、そんな意味を考えながら身に付けたいものです。

薬指 決まり

では必ずしも左手の薬指にしなければならないのでしょうか?実際はそういうわけではありません。左手の薬指にしなければならないという決まりはもちろんありません。たとえばドイツでは結婚指輪は右手の薬指にするものとされています。結婚指輪を左手の薬指につけるという習慣は、これから先どんどん変化する可能性だってあるのです。左手の薬指だけでなく、その他の9本の指にはめる指輪にもそれぞれ意味があるようです。それぞれの指の持つ意味について知っておくと指輪をはめる時間が楽しくなりそうですね。