ring_m_4c

結婚指輪
(マリッジリング)
4C

1.結婚指輪 4C
2.4C 内容

                

4C

ダイヤモンドの指輪を購入するとき必ず耳にするのが’4C’。一体何を表わしているのでしょうか?
4Cとはダイヤモンドの評価を決める4つの基準をまとめて表わしているものです。4つのCとは、カラット、カラー、クラリティー、カットの4つの頭文字のことです。ダイヤモンドの評価を示すにはこの4つのC、4Cが重要となってきます。結婚指輪では婚約指輪のように大きなダイヤモンドの指輪を身につけるカップルは少ないですが、アクセントに小さなダイヤモンドを散りばめるデザインの結婚指輪には根強い人気があります。ダイヤモンド入りの結婚指輪を考えているかたは、ぜひこの4Cについて知っておくと良いでしょう。

4C 内容

では4Cについてもう少し詳しく紹介しましょう。
まずカラット。カラットとはダイヤモンドの重さを表わす単位です。一度は必ず耳にしたことがあるはず。カラットは大きいほど石の大きさが大きくなるのでその価値も上がります。
つづいてカラー。一見ダイヤモンドは無色透明のように見えますが、実は薄い黄色を帯びているものがほとんどなのです。その黄色が薄く、限りなく透明に近い石のほうが価値が高く希少性があります。
3つめがクラリティー。クラリティーとはダイヤモンドに含まれる不純物の程度を表わしています。ダイヤモンドの内部には小さな傷が存在したり、不純物を含んだりしているものがあります。それらがより少なく、できるだけダイヤモンドだけで構成されている石ほど価値があります。
最後にカットです。カットとはダイヤモンドの形状を表わしています。このカットこそ、ダイヤモンドがいかに美しく光輝くかに影響しているのです。ダイヤモンドによってはカットが悪いためにうまく光を吸収しなくなり、他の要素は良いのに輝きが十分でないものもあります。4つの要素のうち、カットのみその評価が職人の手にかかっているのです。よく見てみるとカットの細部にまで職人のこだわりが表れていますから、こだわってみると自分たちにぴったりの結婚指輪がきっと見つかるはずです。