Ring_Finger

婚約指輪 指

1.婚約指輪 指 デザイン
2.婚約指輪 指 形
3.婚約指輪 指 肌の色

             

婚約指輪 指 デザイン

ウェディングの記念に一生大切にしたい婚約指輪。結婚指輪に比べ着ける回数は少ないかもしれませんが、選ぶときはとことんこだわりたいですね。
婚約指輪を決める際、そのデザインや石の大きさ、形など決め手となる要素はたくさんあります。しかし一番忘れてはいけないのが「自分の指に合っているか」ということです。指の形は全員同じわけではなく、一人一人特徴があります。婚約指輪を着けるのは自分一人なのです。指に合った指輪を選んで、素敵な結婚式を迎えましょう。

指 形

自分に合ったデザインの婚約指輪を決める時、どのような点をポイントに考えていったらいいのでしょうか。  まず指の形に注目してみましょう。
指の長い人には、ボリュームのあるタイプの婚約指輪をおすすめします。せっかく長い指をお持ちなのですから、その長さを引き立たせるよう大きめの指輪を選びましょう。個性的なデザインの指輪でも十分映えますし、立体的なデザインの指輪もよく似合います。逆にアームが細くて華奢なデザインの指輪は指のボリュームとつり合わなかったり、指輪が指の存在感に負けてしまったりします。指はが太いという方は、V字のものや縦長のリングを選んでその太さがあまり目立たないようにしてはいかがでしょうか。
指の短い人はV字やU字、縦長のデザインのリングを選んで指の長さを強調するようにしましょう。アームがウェーブの形をしたデザインのものは女性らしい柔らかさもだすことができるので、大変人気のデザインです。また、指を二つに分けてしまうような印象を与えるボリュームのあるデザインの指輪はあまりおすすめではありません。華やかな印象にしたい時は小粒のダイヤモンドを散りばめてみてはいかがでしょうか。
指の細い人にはリングの重ねづけがおすすすめです。華奢なデザインのものを重ねづけすることで指に華やかさを出してみてはどうでしょうか。あまりに個性的なデザインの指輪は指が細いだけにそのデザインだけが目立ってしまうことがあります。より繊細な印象の婚約指輪がおすすめです。
指の太い人にはしっかりとした太さのあるアームを持つ指輪がおすすめです。S字やウェーブのアームで曲線を描くことで指をより細く見せることができます。細いアームの、華奢なデザインの指輪は指の太さを強調してしまう可能性があります。
婚約指輪は目で見るのと実際に着けてみるのとでは印象が大きく変わります。自分が気に入った指輪でも、着けてみるとあまり似合わない…なんてこともよくあるのです。指輪を選ぶ際はしっかり試着して、店員さんともよく相談しながら決めてきましょう 。

指 肌の色

指輪を選ぶ際のポイントは指の形だけではありません。肌の色によっても似合うデザインが変わってくるのです。一生大切にしたい指輪だからこそ、自分にぴったりのものを選びたいですね。
色白の人によく似合うのがプラチナ。ホワイトゴールドもおすすめです。白く透き通ったような肌だからこそ、その白さをより一層引き立ってる色のリングが似合います。ピンクダイヤモンドなどの少し色味の入った石もおすすめです。
色の黒い、健康的な肌の人にはゴールドがおすすめです。肌の色にもよくなじんで、着ければ着けるほど深みのあるリングになっていきます。