RestaurantWedding

1.ホテルでのウェディングプラン Restaurant Wedding

「型にはまりすぎた結婚式ではつまらない!」
「堅苦しくなく、温かい雰囲気の式にしたい」
「ゲストの方々にも楽しんでもらえる式にしたい」
「二人らしさが表現できる式にしたい」
結婚式を行うにあたり、こんなことを条件に挙げるカップルが最近多くなってきています。

そんなカップルが選ぶのが、いわゆるオリジナルウェデイング。型にこだわらず、自分たちが好きなように構成できるスタイルです。そしてレストランウェディングは、オリジナルウェディングの代表格!

レストランウェディングは、レストランを借り切って行うスタイルの結婚式。フォーマルな席からカジュアルな席まで、選んだレストランによって様々な雰囲気を演出できます。二人の個性を生かせるとあって、近年特に人気があります。

魅力はやっぱり… Restaurant Wedding

「式は素敵だったけどお料理がね…」
みなさんはこんな経験ありませんか?せっかく式が素敵でも、料理ががおいしくなかったらその印象も半減ですよね。

料理は結婚式の印象を左右する重要な決めポイントの1つ。
料理の満足度によって、式自体への評価や印象も変わってきます。

☆ちなみに…若い男性ゲストは料理の質と共に量が、
女性ゲストはデザ-トのおいしさが、印象を決める大きなポイントになるようです。

レストランウェディングなら、料理の味は折り紙付き!旬の素材をふんだんに使ったスペシャルメニュ-や産地にこだわった一押しメニュ-、一流レストランの一流シェフによる絶品料理…レストランならではの、質の高い、こだわりの料理でゲストの方々をおもてなしできます。

「結婚式のお料理っておいしくても新鮮味に欠けるのよね…」こんな風に感じたことはありませんか?

レストランウェディングではそんな心配も無用です。二人の希望の食材を取り入れたり、和・洋・中・仏等のジャンルを折衷したオリジナル料理を考案したり…その店らしい、オリジナリティ-あふれる料理で最高の演出をしてくれます。当日のために特別メニュ-を提案してくれるレストランもあったりします。

ソムリエに、料理にあったワインを選んでもらうのも良いですね。シェフから料理についての解説が、会場で聞けたら素敵ですよね。多くのレストランは1日1~2組限定の受け入れなので、こんなこともしてもらえるかもしれません。

洗練された上質なサービスもレストランウェディングの特色です。

会場選び Restaurant Wedding

ブライダルフェアへの参加
ウェディングに積極的なお店では、定期的にブライダルフェアが開かれています。自分の目で実際に、式場の感じが確かめられる良い機会なので是非参加してみたいところです。
料理の試食ができるところも多いです。当日はほとんど食べられないので、ここでしっかり確認しておいてください。

招待客の人数
レストランの多くは40~80人程度で目一杯。ある程度、ゲストの数を絞ることが必要です。もちろん大勢招待できる会場もあるので、何人くらい招待するつもりなのか考えてから会場の見学に移りましょう。

設備
結婚式のために設計されているわけではないので、設備の確認は重要です。
・花嫁の控え室があるかどうか?(会場と控え室の位置関係も考えて!)
・ゲストの控え室があるかどうか?(女性にとって化粧室は重要!)
・クロ-クは?受付スペ-スは?(雨天の場合も考えて!)
・引き出物の収納スペ-スは?(意外と盲点かも!)
・その他、演出に必要な装飾・音響があるかどうか?(あって当然、の思い込みは禁物!)
当日になって困らないよう、一度頭の中で当日の進行を想像してみましょう!

ドレスとの相性
意外と見落としがちなのが、会場とドレスとの相性です。チャペルのように長さも高さもある会場では、トレ-ンの長いものやスカ-トにボリュ-ムがあるドレスのほうが見栄えがします。

けれどレストランウェディングの場合、スペースにあまりゆとりがありません。また、アットホ-ムさの良さを生かして、新郎新婦はゲストの間をあちこち動き回るはずです。テ-ブルの間をワインをついで回ったり、テラスに出てデザ-トビュッフェを行うかもしれません。そんな場合は、動きやすいドレスであることが一番です。具体的にはスレンダ-タイプがオススメです。

また、色物のドレスを考えている人は、会場見学時にその色が壁紙やインテリアと調和しているかを確認することも大切です。写真と実物はギャップがあることも多いですよ!

持ち込み
・持ち込み不可
・「持ち込み料」を支払えば許可
・制約なしに持ち込み可
など、レストランごとに持ち込みへの決まりは様々。どうしても着たいドレスや、どうしても使いたいブ-ケがある場合、要チェックのポイントです。

記念の場所で…
二人でよく行ったなじみのレストラン、プロポ-ズされた記念のレストランなど、思い出深いあのレストランでも、ウェディングを受け付けているかもしれません。結婚後も、記念日や誕生日で訪れることができる場所で結婚式を行えるのは素敵ですよね!

そのほかには、立地・交通手段・スタッフの対応などなどが着目点としてあげられます。

成功のポイント Restaurant Wedding

親や親戚にとってレストランウェディングは新しく、不安に感じることも多いもののようです。格式を重んじる家風や、目上や年配の方からは偏見を持たれる場合もあるかもしれません。ホテルや結婚式場に比べて「格が下がる」と考えている方が、まだまだ少なくないようです。

ただでさえ忙しい結婚式前に、新郎新婦と親族の間でもめごとが持ち上がるのは避けたいですよね。

心づもりしているレストランを顔合わせのときに使ってみる、一流ホテルに併設されているレストランを会場にする、実際の会場に連れて行って、担当者からの説明を直に聞いてもらう…

どうして自分たちはレストランウェディングにしたいのか、その点を明確にしつつ、周囲の理解を得てから準備を進めるこたが大切です。

レストランウェディングは、会場ごとの個性や独自のイメ-ジが前面に出ます。自分たちのイメ-ジにあったレストランを見極めてください。会場選びは二人のセンスが多分に問われます。

また、レストランウェディングではマニュアルというものがありません。自分たちのこだわりで、好きなように演出できます。その際は、結婚式全体に統一性を持たせることに注意してください。何でも心のままに選んでいると、式全体に一貫性が無くなってしまいますよ!

式場やホテルではどうしても飾り物化してしまう新郎新婦の席。席が遠くて二人と一回も話せない…
二人の姿が全然見えない… こんなつぶやきも聞こえてきます。

ゲストとの距離が近いことがレストランウェディングの魅力の1つ。多くの人と、たくさんの会話を楽しめます。

招待状やウェルカムボ-ドを手作りするのも良いですね。通路にこれまでの道のりを、写真展示するのも素敵です。テラスを使った演出は開放感いっぱいで人気があります。

アットホ-ムな利点を生かす、素敵な演出で思い出深い結婚式を創り上げてみてください。

会費制が一般的 Restaurant Wedding

北海道では一般的な会費制結婚式が近年全国的に浸透し出しているようです。

会費制の特徴は
◎ゲスト側の負担を抑えられる
会費はご祝儀より安くなります。1万~1万5千円前後が多いようです。親戚・友人・上司まで、すべて同じ料金になります。のため、立場上ご祝儀を多く出さなければならない人にとっては負担がとても軽くなります。

◎ご祝儀の額に悩まなくてよい
招待状をもらった後の悩みどころの1つがご祝儀の額。会費制なら一律なので、余計なことを気にせずに済み、気が楽です。会費を払えば原則ご祝儀は不要ですし、招待側もそのつもりなはず。
ただ、親戚や上司と言った立場の人は会費以外にもご祝儀を渡すことが多いようです。友人でも、何らかの事情のある人(自分の結婚式でたくさんお祝いをもらった、新郎新婦と特別に親しい、などなど)は会費と一緒にプレゼントを持参していくみたい。

◎交通費なし
会費制の結婚式で届くのは「招待状」ではなく「案内状」、両者はコンセプトが違うのです。半額程度出してくれる場合がほとんどですが、出してもらえなかったとしても文句は言えません。出してもらえたらラッキ-と思いましょう。

~大阪~ 堺筋倶楽部AMBROSIA(アンブロシア) Restaurant Wedding

格調高く上品さ漂うこの建物は、一流デザイナ-の手により生まれ変わった元銀行。
重厚な石壁がとってもクラシカルな佇まいです。
ポイントは入ってすぐ、3階までつづく約10mの吹き抜け空間。
厳粛な挙式にふさわしい雰囲気です。挙式スタイルは教会式か人前式。
ゴスペル、聖歌隊、生演奏、フラワ-シャワ-やシャボン玉シャワ-等の演出が可能です。
どんなことでも親身になって聞いてくれる、スタッフの親切さには定評があります。
なんと、ウェディングケ-キは一組一組にオ-ダ-メ-ド!
1つ1つが心を込めて、パティシィエによって手作りされます。
コンセプトは「ご自分の家での結婚式・披露宴」
アットホ-ムさを大切にするこの式場は、一日一組限定です。