Planspring

1.スプリング・春のお勧めウェディングプラン「ガーデンウェディング」

ガーデンウェディングは開放的な分季節を選びます。そのため花が咲き誇り、新たな生命の息吹を感じられる春は、ガーデンウェデングにぴったりです。なかでも桜のころ、新緑のころは格別です。
招待状に桜案内を同封するなどの工夫はゲストの方たちに喜ばれますし、新しく芽吹いた緑の中での
挙式は、当日だけでなく写真を見るときの楽しみにもなるでしょう

2.春にぴったりの「ガーデンウェディング」プランの魅力

ガーデンウェディングの一番の魅力はなんと言っても、輝く太陽の光を浴びて開放感たっぷりのパーティーや結婚式が行えるということでしょう。招待したゲスト全員が結婚の承認となる人前結婚式や開放的なガーデンウェディングでの披露宴は、新郎新婦とゲストが和やかな一体感を感じさせてくれます。
また庭の印象も式場やレストランなどによって特徴があり、美しい緑の芝生が鮮やかな庭や
西洋古い街並みを思わせるようなレンガ造りの庭など、
おふたりの希望にあったウェディングがきっと見つかるはずです。

3.『結納金』はどれくらいにすればいいの??

ガーデンウェディングは開放的な分季節を選びますが、季節だけでなく天候に左右されやすいのが難点です。そのため急に天候が変わってしまった時にも対応できるように、屋外の準備だけでなく室内での演出も準備しておくとよいでしょう。もちろんガーデンウェディングを行っているところでは、天候の状態にあわせ色々なサポートを行ってくれるでしょうから、事前に確認しておきましょう。屋根がある会場であれば、
屋根を使用したときの景観もあわせて確認しておけば万全です。ガーデンウェディングは開放的な広い空間が必要なので、リゾート地の結婚式場などで特に積極的におこなわれています。しかし、避暑地などでは
予想以上に気温が下がってしまうこともあるので注意が必要です。庭に大型の暖房器具を設置することが可能な場合もありますが、暖をとりながらのウェディングは魅力が半減してしまうかもしれません。ガーデンウェディングを中心に結婚式や披露宴を行いたいという場合には、やはり春から初夏または秋の過ごしやすい時期を選ぶのがおすすめです。そのほかにも、ゲストに小さなお子さんや年配の方がいる場合には、
立食スタイルを避けるなどの配慮を心がけたいですね。実際に式が行われる日取りによっても周りの道路の混雑状況などが変わってくることもありますので、実際にウェディングが行われている様子などを見せてもらっておくと安心です。またガーデンウェディングに限らず春は結婚式のハイシーズンとなっているので、
人気式場の予約は1年半前頃から行う必要があります。