Jinzensiki

人前式

最近、一番人気のある挙式は人前式。よく話には聞くけど、実際よく分からないという方のためにここで一体どんなものなのか紹介してみましょう。

まず人前式と他の結婚式との最大の違いはその挙式形式にあります。いままでは神様や仏様に結婚を報告し、誓う形での結婚式が主流でしたがこの人前式ではそういった宗教的なものは全くないのです。家族や親族、友人・知人が証人となって参加者全員の前で永遠の愛を誓う、といった形での結婚式を執り行います。2人だけの結婚式を創り上げることができる、この自由なスタイルが人気の理由となっているのです。

また神社や寺といった会場にもこだわる必要がなく、ホテルのロビーや公園、テーマパークなど様々な場所から自分達で選ぶこともできるのです。この時祭壇やバージンロードなど少し凝った演出をしようとするとその分の費用はかかりますが、それ以外であれば誓約書やリングプローなどを準備するだけでいいので大変リーズナブルな結婚式となります。

しかし、いくら自由な形式だからといって好き勝手にやっていいというわけではありません。演出次第では厳かな結婚式を演出することも可能です。新郎・新婦の2人の新しい出発にふさわしい、思い出に残る結婚式になるように心を込めて計画を進めていきましょう。

人前式の注意

人前式は話題になり始めてから日が浅いので、参加者全員がその形式を十分に理解しているとは言えません。また普通の結婚式と違い、人前式における参列者とは単なる「ゲスト」ではなく2人の結婚を見届ける「証人」でもあるのですから人前式とはどういうものか、そして2人がなぜ人前式という結婚式を選んだのかを知ってもらう必要があります。そこで案内状に一言書き添えておくことが大切です。

次に会場選びについて。やはりこれも自由=好みというわけにはいきません。会場や演出をどうするか考える時は1つの結婚式の流れを意識し、その中でどんな結婚式にしていきたいかという大まかな設定をしてから計画していくと良いでしょう。よくあるパターンとしてはまず洋風スタイルでいくか和風スタイルでいくかを決め、そこからいろいろ考えを膨らませていくカップルが多いようです。いろいろと取り入れすぎてごちゃごちゃした会場になってしまうと結果的に参列者の目には何も残らなかった、ということもありえます。さらに挙式と披露宴を同じ会場でやるかやらないか、ということも決めなければいけません。せっかくですから妥協したくない!というあなた、ぜひ2人でよく話し合ってから決定していってくださいね。

そして最後に忘れてはならないのがリハーサル。どれだけ綿密な計画をたててもリハーサルをしっかりやっておかなければ本番で失敗する可能性も出てきてしまいます。また当日いきなり分からないことが出てきてパニックにならないようにするためにもやはり本番の流れを意識したリハーサルは必要です。

人前式の決め手

人前式では進行役である司会者や立会人代表も自分たちで決め、依頼しなければなりません。式を成功させるためにもこの2人の存在はかなり大きいものとなります。

ではどのように選べばいいのでしょうか。

まず司会者。結婚式を中心になって進めていく人物であり、特に人前式は普通の挙式とは大きく異なることが多いですからまず人前式を行うと決めた2人の考えを十分に理解してくれる人が良いでしょう。また無理に知人に任せようとせず、プロの方に頼むのもいいかもしれません。

次に立会人代表。立会人代表の役割も非常に重要で、他の立会人に対し2人の結婚を宣言し、そして認めてもらうというものです。やはり司会者と同様、2人のことをよく理解し、また人前式の理解もある人にお願いすると良いでしょう。

人前式の進行

では、まず一般的な人前式の進め方を挙げてみましょう。

? 入場
始めに参列者が席に着き、その後新郎・新婦の入場です。

? 司会者・立会人代表挨拶
司会者または立会人代表が2人の結婚式の開会を宣言します。ここでは人前式が一体どういうものなのか簡単に説明してもらうと良いでしょう。そうすることで参列者も自分達の出席がどれだけ大きな意味を持っているのかを認識することができます。

? 誓いの言葉
2人で誓いの言葉を読み、最後に自分達の名前を名乗ります。誓いの言葉は新郎・新婦が考えます。2人らしさが出るような誓いの言葉が作れるといいですね。

? 婚姻届または結婚証明書に署名
司会者または立会人代表が参列者の前に、婚姻届やその代わりとなる結婚証明書を用意し、新郎・新婦が署名・捺印する儀式です。その後新郎が皆の前で結婚証明書を披露します。

? 指輪交換
新郎から新婦へ、そして新婦から新郎へと互いに指輪の交換をします。

? 乾杯
司会者または立会人代表が2人の結婚の成立を宣言します。

? 閉会宣言
司会者または立会人代表が結婚式の閉会を宣言し、これで人前式が終了します。

以上が人前式の基本的な進め方です。しかし人前式というのは自由な挙式形態のものなのでこれを参考にしながらたくさんの演出を加えていってくださいね。

人前式の演出

普通の結婚式ならだいたい手順が決まっているけど、いきなり全部自分達でアレンジしろといわれてもなにをどうすればいいのかよく分からない・・・というかたももちろん大勢いらっしゃるでしょう。そこで簡単にできるアレンジ例をいくつか挙げてもましょう。

まず入場からインパクトのある結婚式にしたいという方に。新郎・新婦のみの入場ではなくお互いの両親も一緒に入場してみてはいかかでしょう?他にもフラワーガールやリングボーイに先導してもらったり立会人代表の方と一緒に入場してもるのもお勧めです。

人前式にしかない儀式のうちで特徴のあるものの1つとして結婚証明書または婚姻届の署名があります。ここでもいくつかのアレンジが考えられます。
まずは普通に婚姻届に署名するというのも良いでしょう。そのシンプルさゆえに心に残るものがきっとあるはずです。そうではなく、ここでも印象の強い儀式にしたいという方は参列者全員に署名してもらってみては?自分達だけでなくみんなに結婚を認めてもらったという感じがして思わず嬉しくなってしまうでしょう。また参列者全員にまで署名してもらわなくてもいいけど、2人だけではどこか物足りない・・・というかたは参列者代表の方にお願いしてみるのもお勧めですよ。

次に指輪交換があります。新郎・新婦にとってこの儀式が1番思い出深いものになるのではないでしょうか?ここで主役の指輪をリングボーイやリングガールに運んでもらってはどうでしょう。特に入場時にリングボーイと一緒に入場したカップルにお勧めです。また指輪を普段つけない、という方や指輪の交換がどうもしっくりこない、という方は指輪以外の物を交換そるのもよいでしょう。ネックレスやブレスレット、時計など指輪の代わりになるような物を用意すれば大丈夫ですよ。

結婚証明書または婚姻届の署名の次に待ち構えているのが司会者または立会人代表による結婚成立の宣言です。ここではじめて夫婦として認められたことになるわけですからやはりひとひねりほしいものです。単に宣言されたことで成立してしまうのではなく、他の参列者の方にも認めてもらうために拍手などで立会人の宣言を後押ししてもらってはどうでしょう。ここでのアレンジにはたくさんの方の協力が必要となりますから事前の打ち合わせをしっかりやっておきましょう。またすべての大仕事を立会人代表の方にまかせっきりにするのはちょっと・・・という方はこの結婚承認の宣言を他の方に頼んでもいいですね。2人の出会いのきっかけとなった方、お互いの友人など依頼できそうな方は周りにたくさんいるはずです。みんなで結婚式を作り上げることができたならこれほど素晴らしいことはないですね。

そして結婚式も終わり、いよいよ新郎・新婦の退場です。最後に思い出に残るアレンジを取り入れたい!という方もきっといらっしゃるでしょう。ここでかんがえられるアレンジもたくさんあります。華やかに結婚式の幕を閉じたい、という方は最後にフラワーシャワーやシャボン玉シャワー、クラッカーなどを取り入れてみてはいかがでしょう。

以上いくつかの例を挙げてみましたが、結婚式のアレンジを考えるとき注意しなくてはいけないことももちろんあります。まず時間配分を考慮に入れながらアレンジしていって下さい。長すぎる結婚式は自分達も参列者も疲れさせてしまうことになります。またいろんなアレンジを取り入れすぎるのも禁物です。1つ1つの内容が濃すぎるがために全体の印象が薄くなってしまうからです。バランスをうまくとっていけばきっと忘れられない結婚式になるでしょう。

人前式 誓いの言葉

人前式だけでなく、どんな結婚式でも欠かせないのが誓いの言葉の読み上げです。

この誓いの言葉は2人で考えるので参列者には2人らしさが1番よく伝わる儀式といってよいでしょう。

いくつか文例やパターンを挙げてみますので、それを参考にしてオリジナルの誓いの言葉を考えていって下さい。

2人で一緒に読む場合

私達は、本日このように夫婦となり、皆様の前で無事その報告ができました事を大変嬉しく思います。

今日からは互いに夫婦として何事も協力しあい、相手を思いやる気持ちを忘れないよう心がけ、幸せな家庭を築いていくことを誓います。

新郎・新婦が1人ずつ読む場合

パターン1:
私○○(新郎の名)は○○(新婦の名)さんを生涯の妻とし、幸せや喜びだけでなく苦しみや悲しみもすべて2人で分かち合い、永遠に愛することを誓います。
私○○(新婦の名)は○○(新郎の名)さんを生涯の夫とし、幸せや喜びだけでなく苦しみや悲しみもすべて2人で分かち合い、永遠に愛することを誓います。
パターン2:
私○○(新郎の名)は常に○○(新婦の名)さんのことを1番に思い、家事も任せっきりにすることのないよう心がけます。家族と過ごす時間を大事にし、仕事が休みの際には家族サービスをするよう努力します。
私○○(新婦の名)は主婦としてしっかり家庭を守っていきたいと思います。健康管理の為に苦手な料理も勉強し、他の家事もそつなくこなせるよう努力します。

このように内容によって式の雰囲気にもかなりの影響が出てきます。また最近では互いの両親に誓いの言葉を述べる、というカップルも増えてきているようです。自分達の伝えたいことが1番よく伝わるスタイルを選んでいって下さい。

人前式 結婚証明書

さて、次は2人の結婚の証となる結婚証明書についてです。実際、現在では様々なパターンの結婚証明書が市販されているので、それを購入してもいいですし、自分達で新しいものを作ってみるのもいいと思います。

結婚証明書の代表的なパターンとしては誓いの言葉と結婚証明書が一緒になっていて、立会人代表の方の署名欄だけでなく全員が署名できるように複数枚の署名用紙が入っているものや誓いの言葉と結婚証明書が別々の用紙になっているものがあります。

これに関しても決まりなどはありません。2人のスタイルに合わせてどのような結婚証明書にするかいろいろ考えてみてください。