InvitationReply

招待状を受け取ったら

結婚式の招待状は挙式の2ヶ月前までに発送し、3週間前までにお返事をいただきます。

多くの会場は印刷会社と提携を結び招待状を受注しているので、招待客のリストを式場に提出すれば式場が手配してくれます。

しかし最近では、自分たちで用紙や文面を考えて、オリジナルの招待状を作ることも増えています。

返信・返事が速やかにできない時は

返信はがきは正式には毛筆か万年筆で書きます。

しかし、慣れないものを使って書くとぎこちなくなってしまうもの。そんな場合にはボールペンを使っても問題ありません。丁寧に書けば気持ちは伝わります。

むしろ、大切なのは「色」で、万年筆でもボールペンでも必ず黒を使います。グレーは不祝儀の時の色ですので、間違っても使ってはいけません。

返信はがき(裏面)の書き方

御出席・御欠席・御芳名・御住所などの「御」や「御芳」を二本線か斜線で消し、「出席」もしくは「欠席」の一方を丸で囲みます。この際二本線や斜線の代わりに「寿」を使うこともできます。祝い事らしく華やかな印象になるので使ってみるのも良いかもしれません。

「出席」を丸で囲んだ場合は「この度はご結婚おめでとうございます」「慶んで出席させていただきます」など一言書き添えるのがよいでしょう。

「欠席」を丸で囲んだ場合は「この度はご結婚おめでとうございます」とお祝いの言葉を述べたあと「やむをえない事情があり 欠席させていただきます」など欠席理由を書き添えます。

欠席理由ですが、仕事や家族の行事の場合はそれを具体的に書いても構いませんが、身内に不幸があったり家族や自分の体調が優れないときなどは、はっきりと理由を書かないようにします。

返信はがき(表面)の書き方

宛名の「行」の文字を二重線か斜線で消して、「様」に直します。このとき×印で消したり黒く塗りつぶしてはいけません。

出席できない時のマナー

披露宴に招待されていて、欠席する場合は、1万円相当の品物を贈り、祝電を打ちお祝いの気持ちを伝えるのが通例となっています。

祝電は、披露宴の1~2時間前に式場に届くようにします。新婦あての場合は、旧姓で送ります。