HotelYuinou

まず大まかな流れを見ておこう。まず男性側が女性側よりも30分ほど早く、会場に入ります。結納飾りを飾って女性側をお迎えする準備を整えます。

そしてホテル内の美容室で美容着付けを終えてから、女性側が結納式の会場に入ります。開始までのひと時、御用家で会話をはずませるといいでしょう。

結納式の開始。進行役(ホテルスタッフ)のリードで、両家のお父様が口上を述べます。式そのものは10分程度でしょう。ズムーズに結納式をすませたあとは記念撮影を。その後別室にて両家でお祝いの食卓を囲みます。緊張もとれて和気あいあいです。

ホテルでは小宴会場のほか、和食・洋食・中華などのレストラン内に、少人数用の個室が用意されている場合も多いので、双方の好みに合わせられていいですね。

カジュアルな雰囲気のお食事会から、フォーマルで格式のある結納式まで、気軽に結納を行うことができます。

ホテルのパックで行う場合、結納式での進行についてはプロのスタッフがサポートしてくれるので、とても便利。

料理をはじめ、おもてなしの準備もホテルの方にまかせることができるので、両家がお互いに気を使わずにすむのがいいですね。

ホテルでは、結納品、プロのカメラマンによる記念写真、食事、乾杯用シャンペン、仲人への土産品などをパックした、魅力的な結納プランを用意しているところも。

ホテルの結納カウンターで、本格的なお飾りから、略式のスタイルまで幅広く取り揃えているとこともあるので、まずは気軽にたずねてみよう。

ホテルで行われる場合の費用は、両家で折半されることが多くなっています。

結納パックの内容は室料、花代、食事、飲み物がセットになっているケースが多く、料金は料理の内容によってさまざまですが、だいたいひとりあたり2万円前後が多いよう。ただし、結納飾りや結納金を新郎側が持参した場合は、会場・飲食費用をすべて新婦側が負担するケースもあります。

重要なのは費用負担をどちらが行うかを事前に決めておくこと。当日になってゴタゴタするのは見苦しいので・・・。