Hikidemono

結婚式 引出物について

現在、私たちにとって1番身近な引出物といえばやはり結婚式の引出物ですね。本来引出物とは結婚式に限ったものではなく、祝宴の主催者から招待客への贈り物だったのです。現在でも引出物とは結婚式に出席してくれた方へのおみやげのことであって、お礼ではありません。そのため、ご祝儀の金額とは関係なく全員に同じ引出物を渡します。

しかし最近では引出物を結婚式に出席してくれたお礼と考える人も増えてきました。せっかくなのですから、喜んで頂けるような引出物を考えたいですね。

選び方

ではどのようなことに注意して引出物を選んでいけばいいのでしょうか。

最近の傾向としては軽くて小さい、持ち運びにも困らないサイズの物を引出物として選ぶ人が多いようです。遠方からわざわざ結婚式に出席してくださった方のことを考えると、あまり大きくて重なるような物は避けたいものです。

他にはいくつあっても困らないもの、実用的なもの、自分では買わないがあるとうれしいもの、などが喜ばれるようです。高級感やセンスの良さが分かるような物を好んで引出物にする人も増えているようですね。

また結婚式にはいろんな方がいらっしゃるので、参列者合わせた引出物選びをしたいものです。一人一人に合わせるというのは無理なので、年代ごとに引出物を変えてみるのもいいかもしれません。

最近ではカタログ式の引出物も増えてきました。これは結婚式の当日に参列者にカタログを配り、後日それぞれが気に入ったものを選んではがきに記入して注文するというものです。この方式だと参列者が欲しいものを自分で選べますし、荷物もカタログ1冊と軽く済ませることができるので大変喜ばれます。ただ、このカタログ式の引出物は従来の引出物の形とは異なるため受け入れるのがなかなか難しい、という方もいらっしゃいます。その点に注意してどのように引出物を選んでいくのか決めていってください。尚、期間内にはがきを投函するのを忘れてしまった人には規定の引出物が届くようになっています。

最近ではこのカタログ式の引出物と昔ながらの手渡しの引出物の2パターンに大きくわかれています。どちらの方が優れているということはありません。二人でよく相談して、結婚式の参列者の皆さんが喜んで下さるような引出物を選んでいって下さいね。

マナー

いざ引出物を決めていこうとするとまたいろいろなことで迷ってしまいます。ここでは引出物の一般的なマナーについて紹介していきたいと思います。

まず引出物の渡し方について。基本的に結婚式の引出物とは、頂いたご祝儀に対してお渡しします。ですから例えば、夫婦で結婚式に出席なさった方からは夫婦で一つのご祝儀を頂けるので、引出物も一つだけお渡しすれば大丈夫です。しかし、ここで気をつけなければならないことがあります。夫婦で結婚式に出席してくださった方とお一人で出席してくださった方への引出物は必ず差をつけ、夫婦で出席してくださった方への引出物のランクを少しでも上げるようにして下さい。

また引出物の注文は、たいてい結婚披露宴会場の引出物コーナーで申し込みます。希望の品を扱っていない場合でも取り寄せてくれる場合があるので担当の人に聞いてみましょう。引出物は個数が多いことが予想されますので、直前に注文しては間に合わないことがあります。そこで最低でも1ヶ月前には必要な引出物の大体の数を知らせ、招待客の数が確定次第引出物の注文の数を決定します。出席者の人数が変更する可能性がある場合は、そのことも事前に担当者に伝えておくとよいでしょう。どうしても結婚披露宴会場の引出物ではないものを贈りたい場合は、すべて自分達で用意することになります。このような場合、会場への持ち込み料が必要だったりしますし、持ち込み禁止の会場もあるので事前によく確認しておいて下さい。

人気アイテム

引出物を選び始めても、選択肢が多すぎてなかなか絞りこめない…なんてことはよくあります。そこでここでは少しでも参考になるように、数々の特徴のある引出物を紹介していきたいと思います。

結婚式に出席されている方々はそれぞれに趣味や好みがありますし、また年代も様々です。しかしできるだけ多くの方に喜んで頂きたいですよね。二人にちなんだ引出物にするのもいいですが、その引出物をもらうのは自分達ではなく、結婚式に出席してくださった方だということを忘れてはなりません。あげたい物や贈りたいものではなく、欲しいもの、貰いたいものを選ぶよう心がけて下さい。

よく引出物に選ばれる物の例として挙げられるのが、ワイングラスとワインの道具一式セットや調理道具などです。しかしこれらの物は全ての人が喜ぶ引出物とは言い難いです。なぜならワインは飲まない方もいらっしゃいますし、調理道具などは既に皆さん持っていると考えてもよいでしょう。

では引出物として貰っても嬉しく、また使い道のある物は何でしょうか。それは食器です。実用的でそんなに重くない食器なら大皿から小皿まで種類も豊富にありますし、家に何枚あっても使い道はいろいろあります。また家にある食器と引出物でもらった食器がダブル可能性が非常に低い、という点も人気の理由の一つです。食器のデザインも1種類ではなくいくつか用意してみるなどして、二人の個性をさりげなくアピールしてみるのもいいかもしれませんね。

カタログ式について

先ほど、引出物の選び方のコーナーでカタログ式の引出物について少し述べました。ここではもう少し詳しくカタログ式の引出物について紹介したいと思います。

カタログ式の引出物はその便利さから最近人気がでてきた引出物なのですがやはりいくつか注意したいことがあります。まずカタログなので実際にその品物が届くまで実物を見ることができません。いざ商品を見てみると「え?これ?」なんてこともあるのです。

次にカタログに載っている品物についてです。実際は、ある程度の予算を考えてその予算に合ったカタログを皆さんに配ることになります。しかしこの時こちら側の予算には送料も含まれていることになるのでカタログに載っている品物は予算より500円程度安い物になってしまいます。またカタログの中から選べば品数も豊富なようですが、食器、家電、雑貨、などそれぞれのジャンルに絞ってみると意外と品数が少なくなってしまうものです。

カタログ式引出物で重要なのはカタログ自身の質になってきます。ただ単にカタログを渡して終わり、というのではなくどのカタログを皆さんに渡すのかということもちゃんと決めておくとよいでしょう。

相場

ではその結婚式の引出物の相場はいったいいくらなんでしょう?

一般に引出物の相場は料理にかかった費用の30%程度、あるいは3000~5000円くらいが良いとされています。また反対にご祝儀の金額の相場はご夫婦の場合は二人で50000円、若い友人なら20000円程度です。

できるだけご祝儀の金額に合った引出物を用意すると、結婚式の出席者の方も喜んで下さるでしょう。