GardenWedding

ガーデンウェディングとは? Garden Wedding

最近人気を集めているガーデンウェディング。これから結婚式を挙げる予定のあるカップルの皆さんの中にもぜひガーデンウェディングで、という方は多いと思います。ではガーデンウェディングは従来の結婚式とどう違うのでしょうか。

まずガーデンウェディングの人気の理由に挙げられるのはオープンエアならではの開放感とくつろいだ雰囲気です。会場という仕切られた部屋が存在しないため、広々とした空間でのんびりとした時を過ごせます。よりアットホームな雰囲気の中で皆で過ごす時間はかけがえのないものになるでしょう。今までのように格式ばった結婚式ではなく、自由な形でのウェディング・パーティを求めるカップルが増えてきている中で、このガーデンウェディングはぴったりだといえます。

またこうした傾向に合わせてガーデンウェディングを開催できる会場の数がかなり増えました。ホテルや式場でガーデンウェディングをプラン化しているところも少なく、会場の種類はかなり豊富にあるので二人にぴったりの結婚式を演出することが可能になるといえます。

進め方 Garden Wedding

ガーデンウェディングを行うと決めてもどのように進めていけばいろいろ迷いますよね。ガーデンウェディングの場合、大きくその進め方は二通りにわけられます。

まず一つ目は、ガーデンウェディングの最初から最後までずっとガーデンで行うケース。もう一つは、ウェディングの一部分のみをガーデンで行う、というケースです。後者の場合、たとえば食事の時間のみをガーデンで過ごしたり、デザートの時間のみをガーデンで過ごしたり、という形の結婚式になります。せっかくガーデンウェディングを行うのですから、やはり最初から最後までガーデンで過ごしたいと思うカップルも多いでしょう。しかしガーデンでは立ちっぱなしの状態になるわけですから、結婚式の出席者の中に年配の方がいらっしゃる場合はいつガーデンで過ごすかをよく相談して決めてください。また、こうした形式の場合、あまり大人数ではガーデン内が人でいっぱいになってしまいますから、できれば少人数の方が適しているといえます。

ではいざガーデンウェディングを進めていく際にはどのような形式がいいのでしょうか。

おすすめなのは着席ビュッフェや立食スタイルです。ガーデンウェディングではそのオープンスタイルも人気の一つなのですからじっと席に座っていては面白くありません。新郎新婦と招待者が自由に、楽しく会話ができるような会場作りができると理想的ですね。またガーデンウェディングならではのメニューを加えてみてもいいですね。

他にも神父さんをお呼びしたり、人前式を行ってみたりとそのスタイルは大変多岐にわたっており、様々なアレンジが可能です。このようにガーデンウェディングでは二人の結婚式がより感動的になるような演出をすることができます。

会場づくり Garden Wedding

ホテルや式場での結婚式の場合と違ってガーデンウェディングの場合、そのコーディネートは会場となるガーデンの雰囲気に合わせて考えるようにしましょう。ウェルカムボードなどの小物であっても、ガーデンウェディングの雰囲気との調和を一番に考慮にいれると良いでしょう。ブーケトスやフラワーシャワーなどの演出も同様に会場の雰囲気と合ったものを取り入れるようにしましょう。またシャボン玉などガーデンウェディングならではの演出を取り入れるのもいいですね。

ホテルや会場での結婚式に比べて二人の個性をより生かした結婚式が可能な点もガーデンウェディングの魅力の一つです。会場から小物、そして演出まで二人ならではの思い出深い結婚式を創りあげていって下さい。

料理 Garden Wedding

ガーデンウェディングの場合でも、ホテルや式場の結婚式の場合と同じようにそのお料理は和・洋・中・ビュッフェなど様々な種類の中から選択できるようになっています。パックプランの内容も充実している会場が多いです。二人で創りあげる結婚式、ということを強調するために二人で考えたオリジナルメニューなどを取り入れるのもいいですね。

中でも人気があるメニューといえばやはりデザートビュッフェ。特に女性には大人気です。結婚式の出席者それぞれが料理を取りに行ってもらう、という形になりますがそれだと皆がついガーデン内にばらばらになってしまいます。新郎新婦との会話の機会を増やすために二人が料理をふるまうとより一層思い出に残る結婚式になりますね。

ハプニング Garden Wedding

人気のガーデンウェディングとはいえ、やはり外で開催するものですから天気に左右されてしまいます。結婚当日に雨が降ってしまっては、せっかくの計画も台無しになってしまいますから、まず雨期でのガーデンウェディングは避けましょう。かといって晴れればいいという問題ではありません。真夏の暑い日や真冬の寒い日に皆さんを外で立ちっぱなしの状態にするのは酷ですね。天気は当日そのときになってみないと分かりません。朝から雨が降っている場合、挙式時間が迫ったとき今にも雨が降りそうな場合、いろいろ考えられますが、そのような場合ガーデンウェディングをどうするかは会場次第です。ガーデンウェディングを行う場合、もし天気が悪かったらどう対処するのかを事前によく考えておきましょう。

中でも一番困るのがガーデンウェディングの途中で雨が降ってきたときです。打ち合わせをしておかないと新郎新婦も出席者もみんなずぶぬれになってしまいます。すぐに会場内へ入れるルートを考えておくか、天気予報をチェックして降水確率が高いようなら外での挙式を取りやめるなどしてあらかじめ対策を考えておきましょう。

またどんなに天気予報をチェックして注意しても予想できないのが強風です。せっかくの会場のフラワーアレンジメントが吹き飛ばされたり、バージンロードがめくれあがったり、指輪が芝生の上を転がったり…なんてハプニングがいっぱい起こってしまいます。ガムテープや釘でしっかり固定しておいても意外な場所が壊れたりするものです。会場の設備は説明や準備の時に十分過ぎるほど細心の注意を払い、できるだけ突風などによる被害が小さくて済むようにしましょう。

せっかくガーデンウェディングを行うのですからできるだけハプニングは最小に抑えたいです。思い出に残る結婚式にするためにも天候の変化には気をつけて下さいね。