ChapelWedding

やっぱりチャペルウェディング

人生の大イベント、結婚式!女の子なら誰でも一度は憧れたはず。

後々後悔はしたくないもの。いつ、どこで、どうやって行うかはじっくり考えて決めましょう!

ハウスウェディング、レストランウェディング、ビ-チウェディング、フォトウェディング…
いろいろなスタイルがあるけれど、チャペルウエディングは相変わらずの大人気。ロングドレスにバ-ジンロ-ド。幼い頃憧れたシ-ンそのものです。

チャペルウエディングと一口に言っても教会や式場で内容は様々。
「ホントは~やりたかったのに禁止だった…」「思ってた雰囲気と全然違った…!」「設備があんまり良くなかった…」
こんなことにならないためにも、事前確認は的確かつ入念に!

そして、チャペルで結婚式は神の前で誓約する儀式なんだ、という真摯な気持ちを忘れずに…。

ウェスティンナゴヤキャッスル

~進み方~

? 入場
参列者 新郎側の参列者は祭壇に向かって右側、新婦側の参列者は向かって左側に着席します。同様に、新郎は招待客に向かって右側、新婦は招待客に向かって左側が今日一日の二人の立ち位置です。
牧師:オルガンの演奏が始まり、まずは牧師が入場します。
新郎:つづいて新郎の入場です。日本では多くの場合、新郎に媒酌人が付き添います
新婦:父親と共に新婦がバージンロードを進んできます。新郎の所まで到着したら、父親は娘を新郎に託します。
?賛美歌斉唱
参列者一同起立して賛美歌を歌います。賛美歌を知らなくても歌詞カードがあるから大丈夫。
?聖書朗読
牧師が聖書の中から、結婚に関係する部分を選び読み上げます。
?祈祷
新郎新婦が神の御心に沿ってこれからの生活を歩んでいけるよう祈ります。

フォレスト・イン 昭和館

?誓約
牧師がまずは新郎、ついで新婦に結婚の誓いを問います。参列者一同起立して見守ります。
?指輪交換
ふたりの誓約の目に見える印としての指輪交換。リングベアラーが牧師に指輪を渡し、新郎が受け取り、新婦の左手薬指にはめます。同じように新婦も新郎に行います。交換後は賛美歌を斉唱します。
?宣言
牧師が神に祈りを捧げ、二人が夫婦になったことを神と参列者に宣言します。
?署名
新郎、新婦、媒酌人の順で結婚証書に署名します。
?賛美歌斉唱・祈祷
参列者一同起立して賛美歌斉唱。神に感謝の気持ちを表します。斉唱後は牧師が祈りをささげ、参列者は黙祷します。
?退場
牧師が新郎新婦と参列者に祝福を与えた後、新郎新婦(仲良く腕を組んで)→媒酌人夫妻→双方の両親の順でバージンロードを退場します。参列者から祝福が贈られます。

▲ ウェディングプリンセス

~魅力~

☆内装
温もりいっぱい木造チャペル、開放感あふれるガラス張りチャペル、荘厳さ漂う石造りチャペル、清々しさが映える白調のチャペルなど、それぞれのチャペルによって内部の雰囲気が全然ちがいます。内装はどのチャペルでも一番のアピ-ルポイントだからよく見比べて気に入った、自分好みのチャペルを見つけてね!

☆バ-ジンロ-ド
チャペルウエディング最大の魅力はなんと言ってもバ-ジンロ-ド!やや緊張気味に花嫁を待つ新郎、しづしづと歩く新婦、そして娘の付添を務める新郎の父親。父親から新郎へ、娘が託される場面は参列者みんなが感動です。バ-ジンロ-ドには裾長のドレスがぴったり!

☆パイプオルガン
荘厳な雰囲気を一層高めてくれるのがパイプオルガン。深い響きとゆったりした曲調で堂内は一気に幻想的に。聖歌隊の歌声と共に、チャペルウエディングならではの演出でしょう!

Kashima Garden Villa

★フラワ-シャワ-
頭上で鳴り響くベルのなか、二人笑顔で階段を下りつつみんなからは祝福のフラワ-シャワ-…二人の笑顔がもっとも輝く瞬間です。そして絶好のシャッタ-チャンス!結婚式と聞いてまず最初に思い浮かべるシ-ンのひとつでしょう。フラワ-シャワ-のほかにライスシャワ-でも。

★ちなみに
フラワ-シャワ-:花の香りであたりを清める&幸せを妬む悪魔から二人を守る
ライスシャワ-:神の恵みを受け、二人が幸せ&子宝に恵まれ&豊かに暮らせますように
の意味が込められています。

▲ ウェディングプリンセス

注意点 ~町の教会or式場チャペル~

Aldea Alcazar

<教会ならどこでもできる?>
教会があるからと言ってそこで結婚式ができるとは限りません。町にある教会は結婚式場としてあるのではなく、信者の方々が集い祈りを捧げる信仰の場であるからです。

教会員でなくクリスチャンでないカップルの挙式を行ってくれる、町の教会もあります。その際は、どうして教会で挙式したいのか、どうしてその教会を選んだのか等の理由を明確にしてから問い合わせる必要があります。軽い気持ちで問い合わせるのは絶対避けて!教会は厳粛な祈りの場です。

▲ ウェディングプリンセス

<事前準備は?>
式場チャペルで行う場合は、牧師さんと面談や打ち合わせを一度行ってから結婚式に臨むケ-スがほとんど。
町の教会にお願いした場合は、牧師さんとの面談のほか結婚講座や礼拝への出席が義務づけられることがあるます。内容や頻度は教会ごとに違うから、その点もしっかり問い合わせてね。結婚講座は4~8回が平均のようです。

<費用は?>
式場で挙式し、披露宴費用までを含めたパッケ-ジプランの場合の目安は80人で200~300万円。挙式費用のみを考えると8~10万円。ただしこれ以外に衣装、ヘアメイク、セレモニ-などのオプション料金が加わるので注意が必要!
一方、町の教会で挙式する場合は教会への献金として費用を納めます。教会は式場ではないので料金等が設定されていないことも多いです。目安は10~20万円ですが、このほかにお花代がかかる場合も。内訳は司会者への謝礼、オルガニストへの謝礼、聖歌隊への謝礼、教会への献金などです。

モーリアクラシック大牟田迎賓館

~会場選びに迷ったら~

BellCrassic Hakodate

「思い出のデート場所に近いあの式場で」「憧れの~ホテルで是非」「所属している教会で」
このように、具体的で明確な希望があるひとはとってもラッキ-!好きな場所でやるのが一番です。

教会や式場は無数にあるのです。
「ここは~のとこがいいけど…がいまいち」「親は――にしろって言うし」
たいていのカップルはこのように迷い始めます。

迷い始めたらキリがなかった!優柔不断で全然決まらない!どうしよう~!
そんな人は以下のポイントを再度注目してみてください。

▲ ウェディングプリンセス

形式:町の教会?式場チャペル?
招待客:何人ぐらい?空間が余りすぎ(狭すぎ)て寂しく(見苦しく)ない?
場所:遠方からの出席者は?交通の便もいい?駅から近い?お年寄りにも配慮した?

位置:周りの風景も気に入った?披露宴会場に移動できる時間ある?
費用:披露宴もするの?お花代は別途?
演出:庭とか、階段とか、セレモニ-できるも場所ある?聖歌隊は?バ-ジンロ-ドの長さは?
施設:招待客のための施設も充実してる?
雰囲気:親しみが感じられる?

結局一番大切なのは「どんな結婚式にしたいかをはっきりさせること」です。

west53rd 日本閣

~海外挙式~

日本にこだわらないよ!ってひとは海外挙式という手もあります。旅行代理店を通じてパックプランを利用すれば、面倒な諸手続もありません。「本場の海外チャペルでウェディング」っていうひとも近年急増中です。

☆海外挙式のメリットは?
→・なんと言っても雰囲気の良さ。ヨーロッパやオーストラリアは歴史を感じさせる荘厳なチャベル、グアムなどのリゾートでは海を望む開放的なチャペルが主流です。

・二人だけでひっそり挙げるなら国内より安くすむことも多いです。
・挙式後すぐハネム-ンに行けるから、費用と時間と手間が軽減される点も大 きな魅力です。

グランドニッコー東京 台場

Hotel Morlia Classic

☆披露宴はどうするの?
→「現地で披露宴」…家族・親戚・友人等どこまで招待するかが大問題。海外が初めての人や高齢者が出席者にいる場合、特に注意が必要です。この場合、日本から近いグアムやサイパンで挙げるのが無難みたい。
→「帰国後披露宴」…憧れの海外挙式をしたいけどみんなを呼ぶとお金がかかる、でもみんなにも見てもらいたい…という人にぴったりです。
→「披露宴なし」…チャペルでの挙式のみ。その分ドレスを豪華にしたり、ハネム-ンを豪華にしたりと予算の用途が膨らみます。

☆どうやってプランをたてるの?
?旅行代理店の海外ツア-やハネム-ンツア-に挙式プランを別途につける
?旅行代理店のウェディングパックツア-
?海外挙式プロデュ-ス会社に頼む
?知人・友人等の助けを得つつ個人で交渉
ほとんどこの方法のどれかで計画を立て始めます。

☆値段が気になる…
・一番の特徴は、挙式エリアによって料金が変わってくる点。
ちなみ予算の目安は、
グァム・サイパン・・・80万円前後
アメリカ・カナダ・・・100万円前後
ハワイ・・・120万円前後
オーストラリア・ニュージーランド・・・130万円前後
ヨーロッパ・・・140万円前後
・「挙式」「新郎新婦衣装」「旅行」が核。その他オプションはお好み次第です。
?プランや手配会社によって料金や含まれるオプションが全然違うので注意が必要。一見安そうだが本当に基本の内容しか入っていなかったためオプションをつけざるを得ず、結局高くなってしまった…と、いう例も。

☆注意点は?
→・海外であるため下見ができない。事前情報が命!
・ちょっと不思議ではあるが、海外しかも教会とはいえ大安の日の予約は多い。やはり日を気にする日本人は多いようだ。
・その国の習慣等をよく知ること。ノ-スリ-ブ禁止の教会もあるぞ。