Butsuzensiki

静かな人気の仏前式 結婚式

結婚式といえば教会、神社や結婚式場。
そう思い込んでいませんか?

まだまだ数は少ないですが、由緒ある有名寺院で挙げる仏前結婚式が静かな人気を呼んでいます。
白無垢の花嫁衣裳に身を包み、伝統ある京都の寺院で結婚式を挙げるのは素敵ですよね!
二人で行った思い出の寺院で挙式することもできるかもしれません。

ロングドレスでバ-ジンロ-ドも素敵だけれど、
雅楽の鳴り響く中で荘厳に行われる仏前式の結婚式も、歴史の重みが感じられます。

仏前式結婚式なら、拝観だけでは感じられない仏教の新たな一面も実感できるかもしれません。
結婚式という人生の節目を、仏前式で迎えるのも良いかもしれませんね。

外国人との結婚式で仏前式を選択する人も多いようです。
二人の新たな門出の儀式である結婚式では、日本の伝統を直に感じてもらう最適な機会ですね!

仏前式の結婚式は、主に寺院で行われます。先祖代々の菩提寺や縁のあるお寺などです。
家庭の仏前や会場などを結婚式の式場とすることもありますが、その場合は僧侶をよんで行います。

仏前式の結婚式とは

仏前で夫婦の誓いをして祖先に報告し、その因縁を仏に感謝するのが仏前式の結婚式です。

現世で結ばれたことを先祖に報告し、仏の加護をお願いします。

仏教の教えに基づいて仏の前で来世までの結びつきを誓い、ふたりをめぐり合わせてくれた祖先に感謝します。

仏前式 結婚式の式次第

宗派により多少の違いはありますが、主に以下の式次第で結婚式が行われます。
1.親族・参列者入堂
仏前に向かって右側に新郎側、左側に新婦側の親族・参列者が並びます。
2.新郎新婦入堂
新郎新婦が媒酌人に付き添われて別々の入口から入堂し、中央で両方が出会い正面の壇前に進みます。3.司婚者入堂
結婚式を司る僧侶(司婚者)が入堂し、焼香します。一同は合掌。

4.敬白文朗読
司婚者が仏前に向かい、これから結婚式を行うことを報告します。一同は起立。

5.念珠授与
仏前式の結婚式でもっとも大切な儀礼です。
司婚者は、仏前に供えてある念珠のうち、白いリボンのついた方を新郎に、赤いリボンのついた方を新婦に授けます。
新郎新婦はこれを両手で受け左手の四指にかけます。念珠は結婚式が終わるまで持っています。

6.誓約の言葉
司婚者の問いかけによって、新郎新婦が仏前で結婚を誓います。
この誓いにより司婚者は、結婚式の参列者一同に婚儀の成立を認める旨のことばを朗読します。

7.焼香
左手に念珠を下げ、新郎新婦の順に焼香し、合掌礼拝をします。

8.誓杯
神前式結婚式の「三三九度」にあたるものです。雅楽が奏せられる中、仏前式結婚式では、新婦・新郎・新婦の順で行います。

9.親族固めの杯
次に参列者一同で祝杯をあげます。

10.法話
仏道に則りお祝いの説話をします。

11.退堂
新郎新婦を先頭に参列者一同退場します。

仏前式の結婚式注意点

仏前式で結婚式を行うのはまだまだ少数派というのが実情です。
そのため結婚式の会場面で制約が大きいことを注意してください。

菩提寺など、縁あるお寺で挙式するのが通常ですが、一般の式場等を結婚式の会場として希望する場合にはその式場が仏前式の対応しているかどうか事前に十分確認する必要があります。

また、宗派による違いもあるので新郎新婦二人だけの希望で押し進めるのは難しいかもしれません。
両家間でよく話し合うことが大切です。

仏前式 結婚式の特徴

少数派だからこそ参列者の印象に残りやすいという面があります。
両親をはじめとする参列者のかたがたの記憶に、末永く留めてもらえたら嬉しいですよね。

また、仏前式の結婚式では新郎の紋付、新婦の白無垢がよく映えます。
伝統ある寺院で行われる結婚式は厳かな雰囲気で、趣があります。

仏前式結婚式の儀式の上で最も重要で特徴的なのは僧侶からの念珠授与です。

また、仏前式結婚式は教会や神社で結婚式を行うよりかかる費用が少なくなるという点もあげられます。