Box-Yuino

  結納&挨拶    ~ みんなの婚約事情 ~

結納って何??したほうがいいの?結納以外の婚約発表の方法は?などなど、あなたが知りたい最近の結納・顔合わせ事情について教えちゃいます!これを参考にして、ぴったり合う結納方法を見つけてね!

◇結納とは…◇
結納とは日本に古くからある婚約の儀式のこと。これは二人の家と家とが、婚約を確認するためのものです。それと同時に二人の婚約を周囲に公表する機会です。また、男性が相手方の両親に、これまで彼女を育ててくれたお礼の気持ちをしめす意味もあります。
伝統的な結納は、仲人が使者になって両家を往復して行います。まず、男性側から結納品を女性宅へ納めます。そこで受領のあかしとしての受書を預かって、男性宅に運ぶという段取りになります。仲人が橋渡し役になって、両家の婚約の確認をとり行うわけです。しかし、この形式だと負担が大きいため、両家だけで行うことが多くなっています。

◇仲人さんの役割は…◇
本来は適齢期の男女を引き合わせ、両家の意向をとりまとめるというものでした。また、縁談からお見合い、結納、結婚式までのすべてに関わり、挙式までの段取りをスムーズに進め、その時々に起こる問題にも両家の立場を考慮しながら解決していたようです。さらに結婚後は、良きアドバイザーとして、ふたりの生活を見守ります。
昔の日本では、お見合いして結婚しましたから、上に述べたような仲人の存在はとても重要でした。しかし、恋愛結婚の多い現代では、仲人は形式的な役割にとどまることが多くなり、新郎新婦や両家との関係もそれほどは深くならないのが普通ですね。仲人なしで結婚式をあげるケースも増えています。

◇結納は略式で行う形が多く、顔合わせ・お食事会も人気◇
年々簡略化されています。最近では、お互いに結納品を交わすだけの略式結納が普通になっています。顔合わせ・お食事会は、結納品を交わさず、両家の顔合わせを兼ねて食事会をする方法です。これは関東でやや多くみられます。儀式的にはならず、婚約記念品だけを交換したりしてある程度両家のけじめがつくことから、人気です。
どちらにしても、仲人を立てず、両家の両親と二人の計6人で行うケースがほとんどです。行う時期は、結納が両親に結婚の報告をしてから6ヶ月以内、顔合わせ・お食事会が1ヶ月以内にする傾向があります。

◇結納と顔合わせ,どちらかだけでもOK。両家でよく相談して◇
下記の調査をみると、「結納を行った」人と「顔合わせのみ行った」人は、だいたい半数ずつですね。方法は違っても、結婚前に何らかの形で両家が顔を合わせる機会をつくるようです。二人で「結納は省略したい」と考えていても、儀式を重視する親からは非常識に思われる場合もあります。二人の意向ももちろん重要ですが、じっくり時間をとって両家の希望を調整して決めましょう。
顔合わせは、お互いの親に挨拶を済ませてからが基本です。結納をするなら、顔合わせのときに打ち合わせをするといいですね。日時は両家の都合を考えましょう。たとえ、相手に「おまかせします」といわれていても、自分側の都合だけで決めるのはいけません。場所は交通の便がよく、両家の中間地点がおすすめです。

◇結納と顔合わせをしましたか?◇

◇スタイル◇
●結納をする!
→正式結納
仲人が使者となり両家を往復し、結納品を届けるやり方。仲人は、まず男性宅から預かった結納品を女性宅へ納めます。宴席である祝い膳などのあと、今度は結納返しと受書を預かって男性宅へ納めます。

→略式結納
両家(と仲人)が集まり、結納を取り交わすやり方。集まった場で結納品を納め、結納返しも一緒に行います。女性側の自宅や女性側の自宅にこだわらず式場、料亭などを借りて行う人が多いです。仲人の自宅の場合もあります。最近はこの形がほとんどです。

→結納プラン
結婚式場やホテルなどで用意されていて、結納品、食事、室料までセットになっています。仲人を立てる場合も一度に集まり、その場で結納返しまで行います。会場のスタッフが同席してサポートしてくれます。

●結納をしない!
→顔合わせ・食事会
結納品は特に用意せず、食事を兼ねて、どちらかの自宅やレストランや料亭などで会食をする方法。婚約指輪などのお互いの婚約記念品や結納金のみ、ここで交換するケースも多いのです。

●結納も食事会もしない!
少数ですが、お互いの両親が遠方に住んでいるなど、物理的理由で行わないケースが多いようです。この場合、結婚式が初顔合わせということがあるので、よく話し合っておきましょう。

◇新たなスタイル◇
→婚約式
聖職者立会いのもと、結婚の意志を誓い合う儀式。キリスト教宗派により内容が違います。教会やブライダルプランを利用して行うようです。

→婚約披露パーティー
家族や親戚、親しい友人などを集めて婚約を発表するパーティー。欧米では一般的で、婚約記念品の交換をします。本人たちまたは友人が主催して開きます。ホテルやレストランで行うことが多いようです。

  パックプランの基礎情報   

多くの結婚式場やホテルで用意されているのが結納プラン。 必要な内容が全セットされ、手間がかからず安心だね♪

◇プランのセット内容は、結納品、食事、室料からスタッフサポートまで◇
結納のプランだけあって、必要な物は全部含まれていることが多いです。スナップ写真が含まれている場合もあります。場所によっては、食事と結納品の価格設定を別々にしているところもあります。スタッフがついてくれるので、進行役、目録や家族書などの筆耕もお願いできます。わからないことは、スタッフに何でも相談しましょう。

◇結納式の進行はスタッフが詳しく案内◇
両家が揃うと、スタッフが台の持ち方や席順、式次第から口上まで何でも教えてくれます。このとき、「特にこうしたい」ということがあったらスタッフに伝えましょう。素早く対応してくれるはずです。

◇結納式自体にかかる時間は約10~20分くらい◇
式自体の時間は長くないですが、やはり緊張するものです。もし途中で間違ったり、手順がわからなくなったりしても、介添えスタッフがサポートしてくれます。

◇進行パターン◇

  • 1.式の30分くらい前から準備して、結納品を飾ります。ホテルや料亭であっても女性側の自宅とみなして
    結納を行うので、女性側は男性側よりも先に着くようにしましょう。
  • 2. ロビーにて、結納品と式の進行を確認します。
  • 3. スタート。もちろんスタッフがついています。
  • 4. 結納品を取り交わして終了したら、記念写真をパチリ。
  • 5. 祝い膳をいただく宴席につきます。

◇プランの料金は6人で10万弱から30万くらいまで様々◇
必要なもの全部を含むだけに、単に会食をするだけよりは高めになります。料金の違いは、結納品の品目数や料理によるようです。部屋は基本的にどの料金でも同じ場所を使えることが多いです。料亭によっては、結納と会食ふたつの部屋を用意してくれます。落ち着いて食事が楽しめますね。ホテルなど部屋が同じ場合も、結納品を飾っておく場所があり設置してくれます。

◇挙式、披露宴をしなくても、結納プランだけの利用はOK◇
今、プランを用意しているほとんどの会場は、同じ場所で挙式をしない人の利用もOK。だから気になるホテルや式場のプランを色々チェックしてみましょう。式場が違っても気にする必要はありません。もちろん結納品の前日到着、一部手配なども可能です。

◇申込みはだいたい2~3カ月前なら希望日も予約可能◇
パックプランは部屋次第なので、部屋さえ空いていれば1週間前でも大丈夫です。ただ、大安や友引は早くから予約が入ることが多いため、できるだけ早めに予約を取りましょう。 祝宴も行うため、時間帯も昼前後に集中します。急な場合でもとりあえず問い合わせをしてください。

  お食事会・顔合わせの基礎情報   

形式にこだわらずに婚約を祝いたいなら、顔合わせの食事会。 カジュアルだけど、けじめはバッチリだよね。

◇お食事会の進行パターン◇
特に決まった進行はないので、和やかに食事が進めば成功です。わからないことは会場のスタッフに相談しましょう。兄弟姉妹が出席すると、場がより和みます。

1. 進行役の挨拶と乾杯
進行役は、男性の父親が一般的です。
2. 男性、女性の順に家族の紹介
それぞれが自己紹介します。
3. 婚約記念品の交換
結納をしない場合、婚約指輪や結納金などを交換します。
4. 会食
事前に相手方の情報を家族に伝えておけば、会話も弾みます。
5. お礼の挨拶
まず男性の父親が挨拶し、二人のお礼の挨拶で締めます。

◇婚約記念品の交換は緊張感のある乾杯前後がベター◇
婚約記念品は男性から女性へは婚約指輪などが、女性からは腕時計や洋服などが贈られているようです。 挨拶、家族の紹介などは緊張感がある初めのうちに、きちんと済ませたいですね。食事が進むとお酒で顔が赤くなることがありますから、記念撮影もこのタイミングがいいでしょう。

◇行う場所は料亭、レストランなどが人気◇
特別な日ということで、格式ある料亭やレストラン、ホテルが多く利用されます。本人たちが企画すると雰囲気やリーズナブルさで選び、親が企画すると格式で選ぶ傾向があるようです。あまりカジュアルなところは避けましょう。結婚式の会場を決めているなら、この機会に下見として行くのもいいでしょう。

◇落ち着いて話ができる個室がおすすめ◇
予算にもよりますが、周囲の視線を気にせず、ゆっくり話ができる個室がおすすめです。打ち解けた雰囲気の中、自分たちのペースで食事ができます。仲人や兄弟が同席して人数が増える場合も話しやすいでしょう。ただし時間制限があること、個室料として価格がアップする場合があることも考慮しておきましょう。

◇食事の好みは事前にリサーチを◇
食事会の楽しい雰囲気を保つためにも、お互いの両親の好きなもの・苦手なモノをリサーチしておきましょう。料理の種類はやはり慣れ親しんだ和食が多いようです。また、和食にしても洋食にしてもコース料理の方が無難そうです。同時に同じ料理を出してもらえるため、食べるペース配分を気にしなくてすみます。飲物は当日の流れで頼んで大丈夫です。場所によっては、結納用メニューを組み込んでくれます。事前の打ち合わせで、苦手なものを伝えれば別のもので対応してくれる場合もあります。

◇お食事会の料金は予算によって様々◇
料金設定がだいたい一人7000~15000円で、予算は7万~15万弱くらいが主流のようです。料亭やホテルのほうが、レストランより割高になるようです。予算や料理の内容など、お店側と相談しましょう。

◇費用の支払い分担はケースバイケース◇
誰が費用を払うのか、はっきりした決まりはありません。男性側が負担するのがやや多いですが、女性の家で行わないかわりにと考えて女性側が負担している場合もあります。どちらかが遠方に出向いた場合は、招いた側が食事代を持つ方法もあります。また、総費用を人数分で割り、両家がそれぞれの出席人数分を払う方法やふたりが全費用を負担する方法もあります。これはあらかじめふたりと両家で調整をして考えましょう。

◇費用の分担方法と支払う人は事前に決めて◇
費用を支払う人を決めてお金を渡しておけば、会計がスムーズに運びます。当日の成り行き任せにすると、「私が払います。」「いえ、私が…」などと、お互いに気まずい思いをしかねません。

◇予約・申し込み◇
週末や休日に行うことがほとんどで、シーズンによっては早くから予約でいっぱいになることもあります。1カ月前くらいまでを目安にスケジューリングをしておきましょう。

◇お食事会の服装◇
格式ばらずに、普段の自分らしいスタイルでOKです。男性は紺やグレーなどのダークスーツ、女性はスーツやワンピースが自然です。とはいえ、両家のドレスコードがばらばらでは式の厳かさを損なうので、ドレスコードについては事前に決めておきましょう。

  結納(略式)の基礎情報   

略式結納にしようと決めたのはいいけれど、段取りがわからないあなた!ここでしっかりお教えします。

◇結納飾りは婚礼コーナーなどで購入◇
専門店やデパート、式場の婚礼コーナーなら、結納品はもちろん、風呂敷、目録、家族書など必要なものは、何でも揃います。たいてい筆耕も頼むことができるので、字が下手といった悩みも解決です。また、置き方はパンフレットなどを用意してくれます。わからないことは教えてくれるので、気軽に相談してみましょう。

◇結納の場所は料亭などが増加◇
結納品を受け取る女性側が祝いの酒肴でもてなすといった伝統から、昔は女性の家で行うことが多かったのです。最近では女性側の家より、個室のある料亭やレストラン、ホテルなどを利用する人が増えています。迎える方は場所を整えたり、料理の準備をしたりと大忙しです。当日も台所と居間の往復になりがちです。そこで女性の自宅で、食事は料亭など別の場所でという使い分けもおすすめです。

◇結納飾りの品目は奇数◇
関東だと9品目が正式です。略式なら5、7品目になります。婚約が成立したあかしとして両家の間で取り交わす結納品は、それぞれ意味のあるものなのです。地域で独特のものもあるので、用意するものを事前に両家でよく話し合いたいですね。実際の品目は5、7品目でも、目録には9品目書きましょう。つまり目録で一応届けたことにして、実際の品物を略した形にするのです。

◇進行役は両家の親が一般的◇
進行役は本来なら仲人が担う役割ですが、略式結納の場合は男性側の父親が進行し、父親同士が結納品を交換する形が多いです。父親が参加できない場合は、母親でも大丈夫です。また、お礼の口上は、本人が述べるのが一般的です。男性側が結納品を飾り、始めます。

◇口上は「幾久しく」がポイント◇
ごく簡単に言うと、まず男性側から「婚約の印としてお品物をご用意しました。幾久しくお納めください」と結納品を差し出します。「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」と女性側は答えます。実はこの繰り返しなのです。堅苦しく考えず、気持ちを大事にしましょう。最後は男性側の父親が「本日は誠にありがとうございました。滞りなく結納品を納めることができました。今後ともよろしくお願い致します」などと締めたら終了です。

◇婚約指輪を先に渡している時は指輪をしていこう◇
考え方は2通りあります。ひとつは、一度男性側に戻して再度女性側に渡す方法です。もうひとつは、戻さずに目録には入れる方法です。指にはめて「指輪をいただきました。ありがとうございます」と披露します。特に決まりはありません。また指輪が間に合わなかった場合は、目録に「結美和付」と入れておき後日受け取ればいいでしょう。指輪飾りの購入は比較的少なめです。

◇結納返しは身につけられる時計・洋服などが主流◇
関東ではよく半返しと言われ、「御帯料」の半額を「御袴料」にしていたようです。しかし近年はこの「半返し」にこだわらなくなっています。1割程度の結納返しや、お金のお返しはしないケースも増えています。また、結納返しの金額を差し引いて受け取る人もいます。関西では「半返し」の習慣がない地域もあり、「片送り」(女性側からは受書と婚約記念品だけを返す)の形も多くなっています。結納返しを品物にする場合、目録の「御袴料」の隣に「紳士服付」「時計付」などと書き入れておきます。女性の婚約指輪と同様の考え方ですね。

◇結納金は現金持参がほとんど◇
ほとんどの人が当日に現金で持参しています。平均80~90万円程度です。縁起ものなので新券で用意をしましょう。ただし遠方であるなどの事情がある場合は、両家合意の上で振込なども考えられます。結納品売場ではお金の入れ方もアドバイスしています。小切手は商取引をイメージするので避けた方が無難です。結納返しのこともあるので金額はお互い事前に確認をしておきましょう。

◇両家のしきたりが違う場合は基本的に男性側に合わせよう◇
しきたりは地域で違いがあります。基本的に男性側に合わせるのが一般的ですが、しきたりを重視する方に合わせるやり方もいいでしょう。納得がいくように、品目や形式について両家で話し合う必要があります。お披露目をする機会が多い女性の意向も確認しましょう。

  結納の準備&進行マニュアル   

結納は初めて二人の気持ちを公にする場、そして、結婚準備の第一歩。念入りに準備して成功させよう!

◇結納のルーツ◇
「ゆい」といって、両家を結びつけるという意味の言葉からきているしきたりです。また、両家が結婚を祝って飲食をともにする際に、男性側から持ち寄った酒肴のことを「ゆいのもの」といいました。だから、結納品に今もするめや昆布などの食べ物が入っているのですね。また、すべておめでたい意味の当て字がつけられています。

◇結納品の準備◇
結納金の包みに縁起物を加えて、その目録を添えたセットのことです。この数は9品目が正式ですが、略式の7品目(9品目から勝男節、家内喜多留を除く)、5品目(7品目から寿留女、子生婦を除く)で行う人も増えています。数については、あまりこだわらなくてもいいでしょう。関東の場合は、一つの台に結納品を全部並べた1台飾りが多いです。
値段はさまざまですが、2万~7万円くらいが目安です。デパートや専門店、式場、ホテルで購入できます。最近は洋風のものや飾りがシンプルなものもあります。両家が同じ数で揃えたほうがよいので、事前に何品目にするか話し合っておきます。売り場の専門家に相談するのもいいでしょう。
また、本来の儀式からははずれますが、席上、婚約の記念品を交換することがあります。男性から女性へは婚約指輪が、女性からは腕時計やスーツが贈られているようです。 

■ 目録(もくろく)
「茂久録」とも書きます。結納品の品目と数を記した、いわば納品書です。畳み方・書き方は地方で異なるので、確認しましょう。目録は贈り物ではないので、水引はつけません。
■ 熨斗(のし)
「長熨斗」「納幣熨斗」ともいいます。あわびの肉を干して伸ばした”のしあわび”を入れます。現在は海草やビニール製の代用品を使います。あわびは、長生きするおめでたい貝といわれ、不老長寿の象徴です。贈り物につける「のし」の意味もあります。
■ 末広(すえひろ)
「寿恵広」と書く事もあります。白い扇子2本を一組にしたものです。末広がりに開く白い扇には、”純白無垢”という意味と、”先に行くほど繁栄するように”という思いが込められています。
■ 金包(きんぽう、かねづつみ)
「金宝包」「金封」とも書きます。結納金、結納返しなどの現金の包みのことです。男性からの結納金の表書きは「御帯料(おんおびりょう)」、女性からのものは「御袴料(おんはかまりょう)」とします。
■ 子生婦(こんぶ)
「子布婦」とも書きます。昆布のことです。子宝に恵まれるという意味があります。子孫繁栄の願いも込められています。”よろこぶ”にも通じます。
■ 友白髪(ともしらが)
「友志良賀」「共白髪」とも書きます。白い麻糸を白髪に見立てたものです。”夫婦そろって、ともに白髪になるまで仲睦まじく添い遂げられますように”という意味が込められています。
■ 寿留女(するめ)
するめいかの干し物のことです。するめは昔から祝い事にはつきものの酒肴品です。かめばかむほど良い味が出ることから、良い妻を象徴します。長期保存できるため、不備への備えの意味と”するめのように長持ちする嫁になってほしい”という意味が込められています。
■ 勝男節(かつおぶし)
「勝男武士」「松魚節」とも書きます。鰹節のことです。背筋と腹筋を一組にして贈ります。たくましい男性の象徴で、するめと同様に酒肴品と不備への備えの意味があります。
■ 家内喜多留(やなぎたる)
そのまま「柳樽」と書くこともあります。柳の樽に入れた日本酒のことで、”家内に喜びが多く留まるように”という願いが込められています。実際に朱塗りの酒樽を贈る地方もありますが、一般的には「酒肴料」として現金を包み
ます。

◇その他の使用品

◆ 受書(うけしょ)結納品を受け取った証明書のことです。女性側が男性側に、受領のあかしとして渡します。品目は目録のとおりに書き写すか、”目録の通り”と略して書きます。◆ 家族書・親族書家族書は、同居している家族の名前や年齢、続き柄などを記した書類です。親族書は、未成年者と逝去者を除いた三親等以内の親族の氏名や年齢、続柄、住所などを記した書類です。結納時に両家で交換します。◆ 片木盆(へぎぼん)家族書・親族書をのせるお盆のことです。◆ 広蓋(ひろぶた)家紋の入った黒塗りのお盆の事です。目録をのせます。◆ 結美和(ゆびわ)婚約指輪を加えることもあります。おめでたい当て字をつかいます。戦後、婚約指輪を贈る欧米の習慣が広がっていき、婚約記念品として贈るようになりました。

◇仲人さんの依頼◇
最近は仲人さんなしで両親と本人たちだけで行う場合も増えています。しかし、もし仲人さんをお願いするなら、結納だけの仲人なのか、結婚式の媒酌まで依頼するのかを考えて選びます。
仲人とのおつき合いは、婚約から挙式までの約1年間はもちろん、結婚後も続きます。何かにつけてお世話になるでしょうから、新郎新婦のことを知っている人、交友のある人にお願いするのがポイントです。できれば、若いふたりの手本となるような家庭をつくっているご夫婦に頼むのがいいでしょう。男性側の勤務先の上司や大学時代の恩師、あるいは特に親しくしている先輩などにお願いするのが一般的です。
お願いする方が決まったら、あらかじめ先方の都合を伺った上で、二人揃って訪問し、正式なお願いをしましょう。場合によっては、両家どちらかの親が同行するのが望ましいですね。

◇場所◇
かつては仲人が両家を往復して結納品を取り交わしましたが、現在では、両家が一堂に会して行われることが多くなっています。場所は両家が相談して決めればどこでも構いません。
最近は挙式を予定しているホテルや式場で行ったり、レストラン、料亭などで会食形式で行ったりする場合が多いようです。家で行う場合は仲人宅か女性の家ということになりますが、結納のあとレストランや料亭などに出向いて会食を行うと、祝宴準備の手間が省けます。

◇時期・日時◇
挙式の6ヶ月前~3ヶ月前に行うのが一般的です。日取りは、挙式と同じく大安吉日がいいとされています。しかし、料亭の個室を使う場合などでは、吉日の予約がなかなか困難です。あまり日柄にこだわらず、参加者が無理なく集まれる日時を選ぶのが現実的です。遠方から来る人の都合を優先したいものですね。
両家と仲人の都合を考慮して、日曜や祝日に行われる事が多いようです。祝い事は明るいうちにすませるのがいいとされ、午前10時~午後3時頃までに行われることが多いです。

◇費用の支払い分担◇
ホテルや式場などを利用する場合、誰が費用を払うのか、はっきりした決まりはありません。両家で折半が多いですが、女性の家で行わないかわりにと考えて女性側が負担している場合もあります。どちらかが遠方に出向いた場合は、招いた側が払う方法もあります。これはあらかじめ当人たちと両家で調整をして考えましょう。会計のときに、「私が払います。」「いえ、私が…」などと押し問答は避けたいものです。

◇服装◇
女性はセミフォーマルのスーツやワンピース、男性は紺やグレーのダークスーツでOKです。格式にこだわる場合、女性本人は和装なら訪問着、付け下げまたは振り袖で、洋装なら肌を露出しない明るい中間色の無地のアフタヌーンドレスになります。
男性本人や父親はブラックスーツに白またはシルバーなどセミフォーマル調のネクタイでしょう。靴下は黒や紺の無地にします。靴は紐付きのものがいいでしょう。タイピンやカフス等は着けていなくとも構いません。
母親は和装なら訪問着、色無地、付け下げで、洋装なら上品なスーツやワンピースです。
親族は本人の格式に合わせた服装が良いでしょう。
仲人はブラックスーツが基本で、正式ならモーニングなどの礼装にします。
仲人夫人は和装の場合訪問着や色無地などで、正式なら留袖にします。洋装の場合は控え目なダークスーツなど、上品なスーツやワンピースです。
注意点は、親や仲人が本人たちより格式の高い服装にならないことです。また、両家のドレスコードをあわせることが必要です。片方の両親がスーツとワンピースなのに、別の両親が礼服と訪問着ではつりあいがとれません。

◇結納金の目安◇
婚礼の支度金です。以前は、男性の給料の3か月分といわれましたが、現在はもう少し低めのようです。あくまでも男性側の結婚の約束のしるしですから、自分の経済力の範囲で無理のない金額にするのがいいでしょう。30、50、70、100万円といった、縁起が良い奇数で、キリのいい額にするのが一般的です。

◇進行◇
仲人は目上の方であり、こちらからお願いするという立場から、上座に用意することが多いです。上座とは、原則として入り口から遠い方を指します。昔は仲人の席は下座とされていたので、地方によっては下座のままの場合もありますので確認しておきましょう。仲人に向かって右が男性側、左が女性側にすわります。ただし婿養子の場合は逆になります。そして上座から本人、父親、母親の順で座ります。本人と父親の席が入れ替わることもあります。また、終わってからそのまま会食を行う場合、洋室と和室では席の配置が違うので、下の席次を参考にしてください。 父親がいない場合は、代わって息子本人がすることが多いようです。また、父親の代わりとして新郎の兄や親戚の伯父・叔父などを立てる場合も多いようです。

結納式

床の間のある和室で行うのが一般的で、8畳ぐらいの広さがあれば良いでしょう

和室で会食する時の席次の一例

本人の両隣に仲人夫妻が座り、対面に両家の両親が座るのが一般的です

洋室で会食する時の席次の一例

テーブルの大きさなどにより位置が多少変更することもあります

◇結納式の進行◇
式場やホテルなどで行う場合は、会場のスタッフがアドバイスや進行のお手伝いをしてくれますが、女性の家や料亭などで行う場合は、全員が儀式の段取りを把握して進めるようにしましょう。

<仲人立会いで、両家共々会して行う場合>

1 結納品のセッティング部屋の床の間や上座のテーブルなどにセットします。中央にむかって右側に男性側の結納品と受書を置き、左側に女性側の結納品と受書を置きます。 男性側が準備して飾り付けるのが一般的です。女性側は一声かけて別室で待機します。ホテルや式場で行う場合は会場のスタッフの指示に従いましょう。

<仲人立会いで、両家共々会して行う場合>

1 結納品のセッティング
部屋の床の間や上座のテーブルなどにセットします。中央にむかって右側に男性側の結納品と受書を置き、左側に女性側の結納品と受書を置きます。 男性側が準備して飾り付けるのが一般的です。女性側は一声かけて別室で待機します。ホテルや式場で行う場合は会場のスタッフの指示に従いましょう。

2 着席
セットが終わったら、仲人夫妻とともに着席します。男性側は中央に向かって右側、女性側は左側です。改まった形で行うなら、両家が着席してから仲人夫妻が入場します。

3 男性側が仲人や出席者に始めの挨拶
通常は父親が挨拶します:「本日はお忙しいところをわざわざお運びいただきまして、誠にありがとうございます。ご厚意に甘え、お世話いただくことになりましたので、よろしくお願い申しあげます」

4 仲人の挨拶
仲人:「本日はお日柄もよろしく誠におめでとうございます。本来は私どもがご両家に持参すべきところ、本席を設けていただき、恐縮に存じます。行き届きませんが、お世話させていただきます」一同は深く礼をします。

5 男性側は結納品を仲人側に渡します
男性側の母親が結納品を飾り台ごと仲人側に運びます。母親は一礼して自分の席に戻ります。

6 男性側の結納品を女性側に納めます
仲人夫人は結納品を女性本人の前に運びます。仲人:「○○様からのご結納品でございます。幾久しくお納めください」

7 女性側は目録に目を通して受書を渡します
女性本人は、一礼して受け取ります。女性本人、父親、母親の順に目録に目を通し、女性本人に戻します。目録はもとの通りに包み、台にのせます。それから、受書を仲人夫人に差し出します。女性本人「ご結納の品、目録通り相違ございません」
女性「結構なご結納の品、頂戴いたしまして、ありがとうございます。ご結納の品、幾久しくお受けいたします。これは受書でございます」

8 仲人夫人は受書を男性側に渡します
仲人夫人は受書を男性の母親に差し出し、母親から父親に、父親から本人にと順に回します。仲人「ご結納の受書でございます。お納めください」

9 男性本人は受書に目を通し、膝元に置きます
男性「ありがとうございました」

10同様に女性側からの結納の品を男性側に渡し、受書をもらいます
※結納の場所で指輪を渡す場合は、ここで男性側の母親が指輪ケースを持ち、男性本人とともに女性本人の前に進み、男性が指輪を女性にはめます。指輪は前もって女性に渡しているケースもあるので、この儀式は省略することもあります。

11取り交わした結納品を飾ります
両家の母親は、それぞれ受け取った結納品を自分側の結納品が置いてあった所に仮置きします。 つまり、当初とは反対に結納品が置かれることになります。

12仲人が結納式終了のお祝いの挨拶をします
仲人:「ご結納式はとどこおりなく、あいすみました。ご両家様はじめ皆様には、誠におめでとうございます」

13 男性側の父親が仲人にお礼を述べます
父親「おかげさまで、とどこおりなく結納を取り交わすことができまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申しあげます」 この後、男性本人、女性本人がお礼の挨拶をしてもよいでしょう。終わったら、一同深く礼をします。

14結納式を終えて、祝宴となります
別室で行う場合には、仲人、仲人夫人、男性側、女性側の順に退室します。女性の自宅で行う場合は、手料理や出前などをとっておもてなしをしましょう。双方リラックスして、親睦を深めましょう。乾杯の音頭は仲人がとります。時間は2時間が目安です。

<仲人を立てないで行う場合>

1結納品のセッティング
部屋の床の間や上座のテーブルなどに結納品をセットします。中央にむかって右側に男性側の結納品と受書を置き、左側に女性側の結納品と受書を置きます。男性側が準備して飾りつけるのが一般的です。 女性側は一声かけて、別室で待機します。ホテルや式場で行う場合は会場のスタッフの指示に従いましょう。

2お互いに挨拶して着席
開始時間になったら、「本日はよろしくお願い致します」などと挨拶して、男性側、女性側の順で着席します。

3始めの挨拶
男性側の父親が「本日はお忙しいところお運びいただきましてありがとうございます」などと開会の挨拶をします。終わったら一同は深く礼をします。

4男性側の結納品を女性側に納めます
男性側の母親は、上座から結納品を飾り台ごと持ち、女性本人の前に置きます。母親は軽く一礼して席に戻ります。それから、男性側の父親は「心ばかりの品ではございますが、結納のお届けをさせていただいます。幾久しくお受け下さい」などと口上を述べて深く礼をします。女性側は軽く礼をします。

5女性側が目録に目を通し、受書を渡します
女性本人、父親、母親の順に目録に目を通し、女性本人に戻します。女性は目録をもとの通りに包み、台にのせ、「結構なご結納の品頂戴いたしましてありがとうございます。幾久しくお受け致します」などとお礼の挨拶をします。それから、女性の母親があらためて受け取った結納品を飾り、受書を男性本人の前に差し出します。

6男性本人は受書に目を通し、膝元に置きます
男性「ありがとうございました」とお礼を述べます。

7同様に女性側から結納の品(結納返し)を男性側に渡し、受書をもらいます

8締めの挨拶
男性側の父親がまず挨拶したあと、女性側の父親が返礼の挨拶をします。一同深く礼をします。結納そのものの儀式は10分程度で終了です。

9祝宴
祝膳を両家でいただき、親睦を深めましょう。女性の自宅で行う場合は、手料理や出前などをとっておもてなしをしましょう。祝膳については特に儀式ばった点はないので、双方リラックスして、祝い酒を交わすしましょう。乾杯の音頭は、男性側の父親がとります。時間は2時間が目安です。

<仲人を立てて正式に行う場合>

1 まず男性側は女性側に贈るまで、結納飾りを1週間ほど自宅に飾っておきます。

2 結納式の当日は、仲人が男性宅で結納品一式を預かり、使者として女性宅へ赴きます。赴くのは仲人だけです。

3 仲人は女性宅で一言ことわりを入れてから、結納品を飾り付け、「私は○○家の使いとしてまいりました。本日はお日柄もよろしくおめでとうございます。お約束のお印として結納を持参致しました。幾久しくお納めください」などと挨拶します。女性側の父親は「まことに丁寧なお言葉を賜りありがとうございました。厚く御礼申し上げ、幾久しく受納致します。」などと返し、続いて引き菓子と祝い膳で仲人をもてなします。 引き菓子は昆布茶などとともに女性本人が出します。お茶は茶托とふた付きのものでだしましょう。

4 仲人は受書、結納返し(御袴料)、家族書、親族書を預かり、男性側に届けます。

5 男性側は、お礼として、仲人に結納金の1割程度を包み、手土産とともに渡します。また、当日の交通費などにプラスして「御車料」と、酒肴でもてなさなかった場合は「御膳料」として2~3万円を包みます。

6 受け取った女性側は、婚礼の日まで飾っておくのがしきたりです。また挙式までの間、お祝いに訪れてくれた人には、結納飾りを披露します。

  結納目録の書き方  

結納品には「目録」をつけて贈り、受け取る側は受け取ったあかしとして「受書」を渡すのが習わしです。お互いの家族書、親族書も結納品の取り交わしをするときに一緒に交換することが多いのです。

◇目録・受書◇
「目録」とは結納品の内容を書いたもので、贈る側が用意し、「受書」はそれを受け取ったしるしとして、受け取る側が用意をします。目録は結納を贈るときには必ず用意しなくてはなりませんが、受書のほうは、両家が一堂に会して結納を交換するなど、その場で受け取りが確認できる場合は省略しても構いません。結納品一式の中に用紙が入っている場合は、日付、名前などを書けば出来上がるようになっているので簡単です。また、百貨店のブライダルコーナーなどで書いてもらうこともできます。
書くときは毛筆で書体を揃え、文末には句読点を打たないのがきまりです。結納金の表書きは男性から女性に贈る場合は「御帯料(おんおびりょう)」(受書も御帯料)、女性から男性に贈る場合は「御袴料(おんはかまりょう)」(受書も御袴料)と書くのが一般的です。なお、婚約指輪は結納金の一部に含まれるので、男性からは「御帯料壱封結美和付」、女性から男性に時計を贈る場合は「御袴料壱封登慶付」などと書き入れてもよいでしょう。

市販品は点線部分を書くようになっています。実際のものにはふり仮名は書いてありません。なお、熨斗は「贈り物すべてにのしがつけられる」という意味から、あえて目録の中には書き入れていません。まれに目録の頭についている場合もあります。上の例は正式9品目のものです。略式の場合、7品目の時は勝男節、家内喜多留が、5品目の時はさらに加えて寿留女、子生婦が除かれます。しかし、目録上はすべて9品目書くことになっているので注意しましょう。受書には“目録の通り”と略して書いても構いません。

◇家族書・親族書◇
家族書は現在同居中の家族の氏名、続柄、年齢を、父親、母親、兄弟、姉妹(年齢順)の順に書く。親族書は未成年者と逝去者を除く3親等以内の人を書くのが一般的です。家族書、親族書は結納品と一緒に、これを機会に親しい交際を願って交換します。用紙は中型の奉書紙か美濃紙を用い、通常は毛筆で書きます。ただし、書く内容を名前と続柄だけにするか住所や年齢まで書くのか、あるいは毛筆かペン書きかなどは、双方で打ち合わせて統一するようにしましょう。

◇用紙の使い方◇
イラストか写真をのせる

1.紙の表が下になるように広げ、手前側を向こう側に重ね合わせ、横2つ折りにする。
2.均等に縦に3つ折りする(最初に左を折り、その上に右側を重ねる)。
3.折り線をつけたら、輪の側を手前にして広げ、折り線にかからないように書く。
4.2枚以上の場合は2枚重ね、1枚の場合はもう1枚紙を重ね、金銀の水引を使いとじる。
5.別の奉書紙で上包をつくって中に納め、上紙に「親族書」「家族書」または、寿とそれぞれ表書きをする。

◇上包みの折り方◇
イラストか写真をのせる