Box-Ring

婚約指輪・結婚指輪 選び方&基礎知識

結婚式の最高の思い出、婚約指輪・結婚指輪は永遠の愛を形にする大切な宝物です。
花嫁様の個性・希望にあわせて、婚約指輪・結婚指輪の失敗しない選び方を特集しました。
結婚指輪の交換は、映画のような大切なシーン。最高の思い出を。

 

婚約指輪の基礎知識
 婚約指輪 ~エンゲージリング~
 ダイヤモンドの4C
 ダイヤモンドのカットの外形
 リングのアーム素材
 ダイヤモンドのセッティング
 ダイヤモンドの基本デザイン
結婚指輪の基礎知識
 結婚指輪 ~マリッジリング~
 セットリング
 リングの作り方 ~How to Make~
 リングの予算 ~Money~
 リングの選び方 ~How to Select~
 リングの購入スケジュール ~Schedule~
 リングショップに行く前にチェックしよう!
            ~Before Go to Shop~

婚約指輪 ~ 基礎知識 ~

結婚式の一生の記念となる婚約指輪・エンゲージ&結婚指輪・マリッジリング。
だからこそ後悔はしたくない!2人で納得のいくリングを見つけましょう。

婚約指輪~ エンゲージリング ~

婚約の記念品となる婚約指輪・エンゲージリング。従来は『婚約指輪のエンゲージリングといえばダイヤの立て爪』でしたが、最近は様々なスタイルのリングが注目されています。

◇婚約指輪 ダイヤモンドの4C◇

『4C(フォーシー)』とはダイヤモンドの品質を評価する要素のことで、カット・カラー・クラリティ・カラットの4つの頭文字をとって『4C』と呼ばれています。結婚式 婚約指輪・エンゲージリングのダイヤモンドを選ぶ時には『4C』をチェック!

Cut(カット)
ダイヤモンド石の輝きに一番影響するのがカット。仕上がりの形の良し悪しで評価されます。日本ではエクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアの五段階があります。

Color(カラー)
ダイヤモンドは無色透明ですが、厳密には無色~やや黄味がかったものまで様々。一般的に結婚式の婚約指輪・エンゲージリングには無色のものがふさわしいとされています。

Clarity(クラリティ)
婚約指輪のダイヤモンドの透明度を評価するもの。11段階で評価され、透明度が高ければ高いほどグレードもアップします。

Carat(カラット)
大きさのことだと誤解されがちなカラットですが、実はダイヤモンドの重さのこと。1カラットは0.2gです。同じカラット数でもそのプロポーションによって大きさが変わるので、婚約指輪のダイヤを選ぶ時には要注意です。

◇婚約指輪 ダイヤモンドのカットの外形◇
 
結婚式の婚約指輪のダイヤモンドの輝きを決めるカットにも様々な種類があります。カットが違うと印象も大分変わります。お気に入りを見つけましょう!

ラウンドブリリアントカット(オーソドックス)
⇒ラウンドブリリアントカット
もっともポピュラーな丸型。婚約指輪のダイヤの輝きを最も引き出すのはやっぱりこの形です。

ファンシーシェイプ(ラウンドブリリアントカット以外)
⇒ハートシェイプ
2人の愛の証としてピッタリ!なハート型はとってもロマンチック。婚約指輪の注目株です。

オーバルシェイプ
ダイヤの大きさを強調できる楕円型。婚約指輪にやわらかい雰囲気が出ます。

ペアーシェイプ
しずくを逆さまにしたような形がかわいらしいペアーシェイプは個性派のあなたに。洋ナシ(ペアー)の形に似ていることからペアーシェイプと呼ばれています。

マーキースシェイプ
楕円形の先端がさらに尖った形のマーキースシェイプ。すっきりシャープに見えて、とってもクラシカルな印象です。

◇婚約指輪 リングのアームの素材◇

婚約指輪の第一印象を決めるアームの素材。それぞれの特徴と普段のファッションを考えて選ぶのが正解です。

プラチナ
純白の輝きと希少性の高さ、変色や変質をしない安定した性質と耐久性と、エンゲージリング・マリッジリングの一番人気。その清楚な面持ちはダイヤモンドとの相性もピッタリです。

ホワイトゴールド
同じ白い輝きを持つ金属でもプラチナより優しい色合いなのがホワイトゴールド。プラチナに次いで人気の金属です。

イエローゴールド
錆びたり腐ったりしないゴールド。欧米では古くからウェディングにふさわしいと人気の素材です。日本人の肌に馴染む色という点からもオススメ。

◇婚約指輪 ダイヤモンドのセッティング◇

セッティング方法によってリングの表情はかなり変わります。好みやライフスタイルに合わせて選んでみましょう。

立て爪
エンゲージリングに最も多いセッティング方法で、文字通り爪を立てて石を留めています。石に最も多くの光を取り込んで、より輝かせることができる伝統的なスタイルです。

パヴェ
『パヴェ』とはフランス語で「敷石」という意味。アームに敷き詰められたダイヤモンドがキラキラ光ってとっても豪華。

フクリン留め(伏せ込み)
爪ではなく石を覆うようにして留める方法。カジュアルで、かつスタイリッシュな印象に。結婚後も仕事を続けたいキャリア派や、エンゲージリングをさりげなくつけたい人にオススメ。

レール留め
2本の地金に石を挟み込んで留める方法。エンゲージリングとマリッジリングを兼ねたタイプとしても人気。

◇婚約指輪 ダイヤモンドの基本デザイン◇

婚約指輪の定番はソリティアと呼ばれる中石が一粒ついているタイプですが、その他にもデザインはたくさんあります。お店に出向く前に自分好みのデザインを見つけておきましょう。

ソリティア
婚約指輪の定番。ダイヤが最も美しく引き立つデザインで、ティファニー社が考案したスタイルとしても有名。

モチーフ
ハートやリボン、花などをデザインにしたタイプ。女の子らしくかわいらしい印象になります。

フクリン留め(伏せ込み)
石の周りを覆うようにして留める留め方でスタイリッシュな印象に。爪で服を引っ掛ける心配がないので、普段使いしたい人にオススメ。

サイドストーン
中石の両脇にメレダイヤや両石などをあしらったデザイン。その数や形状でリングの印象が全く変わります。色石はピンクダイヤやブルーダイヤが人気。

パヴェ
アームにメレダイヤを敷き詰めたデザイン。とってもゴージャスな印象です。

メレ
0.02ct前後の小粒のダイヤモンドのこと。サイドストーンやパヴェなどに使われます。


結婚指輪 ~ 基礎知識 ~
結婚式の証であるマリッジリング。2人で一生身につけるものだからこそ、
素材や付け心地にこだわって。

結婚指輪~ マリッジリング ~

お二人の愛を形にして、一生身につける結婚指輪。結婚指輪も最近は様々なスタイル・デザインのリングが発表されています。

◇結婚指輪 基礎知識◇

地金
石のない貴金属のみのデザインをさします。毎日つける結婚指輪はプラチナのかまぼこ型が一番人気。

エタニティ
ダイヤが一周したリング。豪華なのでエンゲージリングとしてもマリッジリングとしてもつけることが出来ます。

◇セットリング◇

V字・S字タイプ
アームの流れがVやSの形をしたもの。指をほっそり美しく見せてくれます。

凹凸の重なりタイプ
婚約指輪と結婚指輪がセットになっているタイプ。普段はマリッジリングだけ、華やかな席ではエンゲージリングと重ね付け、という風にTPOに合わせて使えるので人気です。

仕掛けタイプペアタイプ
ふたりのリングを合わせると何かの形が浮かび上がるなど、仕掛けのあるリングもオススメ。絆がますます深まるかも!?

◇結婚指輪の作り方◇ ~How to Make~

レディメイド
すでに商品として完成された状態のものを言います。実物と同じものを入手できるので安心感があります。

セミオーダー
石と枠をそれぞれ選んでオーダーします。フルオーダーより工程は短く、2週間~1ヶ月ほどで完成します。

フルオーダー
世界でたった一つのリングを作れるのがフルオーダー。一からデザイナーと相談して作っていくので時間と手間はかかるけれど、その分満足のいくものが出来るはず。完成まで1~2ヶ月かかります。

リフォーム
手持ちのリングを別のデザインに作り変えること。親から譲り受けたものなど、ストーリーがあるリングも素敵。

◇婚約指輪の予算◇ ~Money~

無理をして高価な婚約指輪を買っても、つける機会がない!なんてことになったらもったいない!!まずは自分達の収入に見合った予算を決めるところから始めましょう。

[先輩カップルの平均購入金額 37.3万円]

 

~10万

9.2%

~20万

10.2%

~30万

15.8%

~40万

17.3%

~50万

12.0%

~60万

9.9%

~70万

6.0%

70万以上

9.5%

分からない

10.1%

◇リングの選び方◇ ~How to Select~

Point ? 予算を決める
リングは品質や価値にこだわれば、どんどん高くなります。せっかくコレだ!!と思うものを見つけても、手が届かなければ意味がありません。最初に予算を決めておきましょう。

Point ? 出来るだけたくさんのリングを見ること
たくさんのリングを見ればそれだけ目が肥えてきて、石の質なども自分の目で見て見分けられるようになっていきます。とにかくどんどんお店に足を運びましょう。

Point ? 必ず試着すること
服と同じで、リングもつけてみないとデザインや素材が自分に似合うのか分かりません。それに、ずーっとつけるものだからこそ、付け心地も確認しましょう。

Point ? 一回で決めないこと
リングの価値はたくさん見れば見る程だんだんと分かっていくもの。いくつかのお店を回ってみて、最初に見たものが良ければ戻ればいいのです。あとで後悔しないためにも、じっくり吟味して選びましょう。

Point ? 『4C』の優先順位を決めておくこと
できるだけ大きくて質の良いダイヤが欲しいと思うのは当然です。でもこだわればこだわるだけ、値段も上がってしまいます。自分達の予算に合わなかった時に『4C』の中で何を優先させるのかを考えておくと、お気に入りのリングを見つけやすくなります。

◇婚約指輪・結婚指輪の購入スケジュール◇ ~Schedule~

8ヶ月前 結納の日取りを決定

エンゲージリングは結納の時に、記念品として渡すのが一般的。

結納の日にちが決まったら、日数を逆算して早めにショップ回りを。

6ヶ月前 婚約・結婚指輪の下見

なるべくたくさんのお店を見て回って。

5ヶ月前 婚約指輪の注文&受取り

結婚式の日を考えて余裕を持って受け取りましょう。

4ヶ月前 結納にて婚約指輪を贈呈

必ずしも結納で渡す必要はありません。結納を省くこともあるでしょうから、

いつ渡すかは2人で決めても良いでしょう。

3ヶ月前 フルオーダーの結婚指輪の注文

完成までに1~2ヶ月かかりますので、結婚式の日取りを考えて。

2ヶ月前 セミオーダー&既製品の注文

セミオーダーだと完成までに2週間~1ヶ月程かかります。既製品でもサイズ直しや

取り寄せになることがあり、その場で持ち帰れることは少ないようです。

1ヶ月前 結婚指輪の受け取り

婚約指輪と同様に、結婚式の日取りに余裕を持って

挙式当日 結婚式で結婚指輪の交換

いよいよ結婚式で、指輪の交換です。おめでとうございます!

◇リングショップに行く前にチェックしよう!◇ ~Before Go to Shop~

● ジュエリーショップの探し方
2人の結婚式やファッションに合ったリングはどんなものなのか、情報を集めて検討してみましょう。同時に種類が豊富だとか、オーダーが得意といったお店の特徴や傾向も調べておくと、より探しやすくなります。

● 信頼のあるお店で購入する
一生に一度の結婚式の買い物だから、やっぱり信頼のあるお店で買いたいもの。見極めのポイントは、
? 本店・本社の位置が明確である。
? スタッフが商品や宝飾品について熟知している。
? 常時セールをやっていない。
? アフターサービスがきちんとしている。
の四つです。しっかりチェックして!!

● 保証書・鑑定書を受け取ること
エンゲージ・マリッジリングは高額な買い物。サイズ直しや何かトラブルが起こった時に必要となるので、保証書は必ず受け取り、大切に保管しておきましょう。日本ではダイヤのリングを購入すると鑑定書ももらえるので、こちらもきちんと受け取りましょう。

● 刻印のチェックをすること
リングの内側には素材や純度を証明する刻印や、お店のマークなどが印されています。海外で購入する場合は特に、刻印マークが異なったり、メッキされたものを貴金属として売っている場合があるので注意しましょう。

リング 

結婚指輪って彼、彼女どっちが買うもの?
特にどっちが買うか決まりはありません。
婚約指輪のセミオーダーって、どこまで自分で選べるの?
一般に予算に合わせてまず石を選び、そのあといくつか用意されているアームの中から好きなデザインのものを選びます。下見の時に見積もりを取ってもらって、他のお店と比べてから決めましょう。
婚約指輪は給料の3ヶ月分ってホント?
エンゲージリングは50万円前後、マリッジリングは5~10万が平均です。これが本当なら、給料の3ヶ月分というのはちょっと多め。ただこの金額は目安なので、結婚式でどこにお金をかけるかは二人で決めましょう。
婚約指輪はダイヤモンドじゃなきゃダメ?
ダイヤモンドが一般的ですが、必ずしもダイヤでなければならないというわけではありません。最近では実用性の高いパールや、自分の誕生石を選ぶ人も増えています。
マリッジリングが結婚式の後にゆがんじゃった!もとに戻せる?
多少の変形なら購入したお店で元に戻せます。ただ、ダイヤが一周したものや、細かい模様が全面にあるものなど、修復が難しいケースも。とにかくまずは購入店に相談してみましょう。
ダイヤモンドの鑑定書を結婚式の後になくしちゃった!再発行はしてくれる?
基本的に受け付けてくれます。ただし鑑定料がかかります。購入店がすでになくなってしまっている場合は、民間の鑑定機関に依頼することが出来ます。その際は宝石鑑別団体協会に加盟している機関を選ぶと安心!