Yuinou

親への挨拶 結婚報告

結納とは結婚の約束をした証として、ふたりの家族が親類となって結びついたことを祝う、日本に古くからある儀式のことをいいます。基本的には新郎の家から新婦の家へお金や縁起物の品物を納め、新婦側のご両親に感謝の気持ちを込めて挨拶をする場でもあります。伝統的な結納は仲人が使者になって両家を往復して行いますが、近年は仲人を立てずに両家だけで行うことが多くなっています。また、年々簡略化されており、お互いに結納品を交わすだけの略式結納や、結納・略式結納は行わすに顔合わせのみ行うという人も増えています。 また、結納をする・しないに限らず、そのしきたりや形式は地方によって様々です。結納をするにしても関東式、関西式でもスタイルが異なります。お互いの希望やお互いの出身地のしきたりなどを考慮し、地域のしきたりを含め、両家でよく相談する事が大切ですね。 ふたりにとっても両家にとっても結納を行うことで気持ちの上でも大きな節目となります。古い慣習と決めつけず、日本の伝統的な文化ですので守っていきたいものです。